このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

富士山-信仰の対象と芸術の源泉

富士山の世界文化遺産登録

平成25年6月に、カンボジアで開催された第37回世界遺産委員会において、「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」を世界文化遺産に登録することが決定されました。

構成資産面積の9割が森林であり、特に、静岡県側の森林のほぼ全域が林野庁の管理経営する国有林野です。

林野庁では、関係省庁や地元自治体等と連携し、富士山の世界遺産としての魅力の維持・向上に務めています。

 

世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」概要

名称 「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」  Fujisan, sacred place and source of artistic inspiration
所在地 山梨県・静岡県
面積

構成資産面積:20,702.1ha、緩衝地帯面積:49,627.7ha

  • 構成資産面積の約9割が森林であり、そのうち約4割が国有林野。
構成資産の保護措置 文化財保護法、自然公園法及び国有林野の管理経営に関する法律
登録基準への適合   

クライテリア(iii)独立成層火山としての荘厳な富士山の形姿は、間欠的に繰り返す火山活動により形成されたものであり、古代から今日に至るまで山岳信仰の伝統を鼓舞し続けてきた。頂上への登拝と山麓の霊地への巡礼を通じて、巡礼者はそこを居処とする神仏の霊能を我が身に吹き込むことを願った。これらの宗教的関連性は、その完全な形姿としての展望を描いた無数の芸術作品を生み出すきっかけとなった富士山への深い憧憬、その美しさへの感謝、自然環境との共生を重視する伝統と結び付いた。一群の構成資産は、富士山とそのほとんど完全な形姿に対する崇敬を基軸とする生きた文化的伝統の類い希なる証拠である。

クライテリア(vi)湖沼及び海から立ち上がる独立成層火山としての富士山の図像は、古来、詩・散文その他の芸術作品にとって、創造的感性の源泉であり続けた。とりわけ19世紀初期の葛飾北斎及び歌川広重により浮世絵に描かれた富士山の図像は、西洋の芸術の発展に顕著な影響をもたらし、今なお高く評価されている富士山の荘厳な形姿を世界中に知らしめた。

構成資産

1 富士山域

  1-1 山頂の信仰遺跡群

  1-2 大宮・村山口登山道(現富士宮口登山道)

  1-3 須山口登山道(現御殿場口登山道)

  1-4 須走口登山道

  1-5 吉田口登山道

  1-6 北口本宮冨士浅間神社

  1-7 西湖

  1-8 精進湖

  1-9 本栖湖

2 富士山本宮浅間大社

3 山宮浅間神社

4 村山浅間神社

5 須山浅間神社

6 冨士浅間神社

7 河口浅間神社

8 冨士御室浅間神社

9 御師住宅(旧外川家住宅)

10 御師住宅(小佐野家住宅)

11 山中湖

12 河口湖

13~20 忍野八海

21 船津胎内樹型

22 吉田胎内樹型

23 人穴富士講遺跡

24 白糸ノ滝

25 三保松原

 

関連プレスリリース

 世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」における林野庁の取組

 世界遺産としての価値の保護担保

「国有林野の管理経営に関する法律」に基づき、林野庁が適切に管理経営を行うことによって、遺産地域の保護を担保しています。

静岡県裾野市浅木塚国有林からの富士山

 fujisan

 

保護林の設定による森林の保全の推進

保護林制度は、国有林野事業において大正4年に発足した制度であり、希少な動植物の保護等の面で重要な役割を担っています。

林野庁関東森林管理局では、「富士山」の推薦区域(緩衝地帯を含む)に所在する約2,000haの国有林野を保護林に設定し、厳正な保全管理を推進しています。

「富士山」推薦区域内の保護林(富士山生物群集保護林)

 fujisanosawahigashiusuduka

 

「諏訪森アカマツ林」における松くい虫被害防除

吉田口登山道に所在する諏訪森国有林には、寛永年間(1624年~1644)に植栽したとの記録が残る、直径が150cmほどもあるアカマツが現存しています。

林野庁関東森林管理局では、この貴重なアカマツ林を将来にわたり保全していくため、希少個体群保護林に設定し保全管理に努めており、さらに周辺の民有林とも連携を図りながら、松くい虫の防除に取り組んでいます。

薬剤の樹幹注入による松くい虫防除

jukanchunyu

アカマツ林保全管理に向けた民有林関係者の参画によるシンポジウムの開催

sinpojiumu

 

富士山の景観を守るための森林管理

富士山の景観は、適切な森林管理を行うことによって保全されています。

林野庁関東森林管理局では、観光客が多く通行する「富士山スカイライン 」沿線などにおいて、景観に配慮した森林管理を推進しています。

富士山スカイライン沿線における間伐・枝払い等の実施

keikanhozen

 

 景観に配慮した災害防止・復旧治山事業の実施

林野庁関東森林管理局では、災害の防止や災害の復旧のための治山事業を実施しています。

大沢崩れの中流部では、土石流によって運ばれた巨石を利用し、景観に配慮した護岸工を実施しました。

大沢崩れ中流部での護岸工の実施(左写真:施工前、右写真:施工後)

chisanbeforechisanafter

 

富士山の景観を守るための登山者への普及啓発活動

富士山には、毎年多くの登山者が訪れます。

林野庁関東森林管理局では、登山マナーに関する普及啓発や巡視などを行っています

gss

 

富士山国有林見学会の開催

林野庁関東森林管理局では、毎年秋に、参加者を募集し、富士山国有林の見学会を開催しています。

kengakukai

 

国民参加による森林づくりの推進

富士山地域の国有林野では、多くのボランティア団体等によって森林づくり活動が行われています。

林野庁関東森林管理局では、活動フィールドの提供や技術支援などを行っています。

ボランティア団体による森林づくり活動 

moridukuri

森林教室の開催

sinrinkyousitsu

お問合せ先

森林整備部森林利用課
担当者:森林環境保全班
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887
国有林野部経営企画課国有林野生態系保全室
担当者:森林環境保護班、生物多様性保全班
代表:03-3502-8111(内線6283)
ダイヤルイン:03-6744-2322
FAX:03-3592-6259

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader