このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

地球温暖化はどのように起きているの?

地球は太陽からのエネルギーで暖められ、暖められた地表面からは熱が放出されます。その熱を温室効果ガスが吸収することで、大気が暖められます。

現在の地球の平均気温は14℃前後です。これは、図のように、二酸化炭素や水蒸気などの「温室効果ガス」のはたらきによるものです。もし、温室効果ガスが全く存在しなければ、地表面から放射された熱は地球の大気を素通りしてしまい、その場合の平均気温は-19℃になるといわれています。 このように、温室効果ガスは生物が生きるために不可欠なものです。

・温室効果のメカニズム
温室効果メカニズム 
(STOP THE 温暖化 2012(環境省)より)

しかし、産業革命以降、人間は石油や石炭等の化石燃料を大量に燃やして使用することで、大気中への温室効果ガス、特に二酸化炭素の排出を急速に増加させています。 このため、温室効果がこれまでよりも強くなり、地表面の温度が上昇しています。これを「地球温暖化」と呼んでいます。


・二酸化炭素濃度の経年変化
co2濃度
(IPCC第5次評価報告書第1作業部会報告書より)

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第5次評価報告書によると、地球の平均気温は1880年から2012年までの133年間に0.85℃上昇しました。

また、温室効果ガスの排出量については複数のシナリオが提示されています。2100年までに地球温暖化を引き起こす効果がピークを迎えてその後減少する「低位安定化シナリオ」で約0.3~1.7℃、2100年以降も地球温暖化を引き起こす効果の上昇が続く「高位参照シナリオ」では、約2.6~4.8℃の平均気温の上昇が予測されています。

世界平均気温上昇
 (IPCC第5次評価報告書第1作業部会報告書より)
 

関連情報

IPCCに関する気象庁ホームページ[外部リンク]

地球温暖化に関する環境省ホームページ[外部リンク]

お問合せ先

林野庁森林整備部森林利用課

担当者:森林吸収源企画班
代表:03-3502-8111(内線6213)
ダイヤルイン:03-3502-8240
FAX番号:03-3502-2887