このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

研修の様子

林業機械化センターで行われている研修の様子や日々の出来事等をお伝えします。

これまでの研修の様子   平成27年度   平成28年度   平成29年度   平成30年度

高性能林業機械(安全指導・後期)研修  令和2年1月23日~1月24日

   地方公共団体職員等を対象にした高性能林業機械(安全指導・後期)研修を実施しました。
   この研修では、林業における労働災害を減少させ、安全かつ効率的な高性能林業機械作業を推進するため、労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号)に基づく特別教育として、車両系木材伐出機械等に関する知識及び理論を学んでいただきました。最終日には、日頃の疑問や苦労されていることなど、ディスカッションを行い情報交換しました。
   研修生の皆様には、それぞれの地域において的確な安全指導を実施していただくことを期待しています。
山根室長講話  ディスカッション  集合写真
林野庁経営課林業労働対策室
山根室長の講話
ディスカッションの様子
出席者全員の集合写真
「安全で行こう  ヨシ!」

チェーンソー伐木造材技術(上級)研修  令和元年11月25日~11月29日

   地方公共団体職員を対象にしたチェーンソー伐木造材技術(上級)研修を実施しました。
   チェーンソーによる伐木等作業においては、立木1本毎に形状や地形等の状況が異なることから、安全で確実な伐倒方向等を検討し伐倒するとともに、その伐倒木に掛かる張力を見極めながら造材しなければ、思わぬ災害を招くこととなります。
   本研修は、伐木造材技術(初級)研修のステップアップ研修として、チェーンソーによる伐木等作業に関する知識及び技術のさらなる向上を図り、伐木等作業についてより的確な指導普及ができる者を育成することを目的としています。
   研修生の皆様が、それぞれの地域において、労働災害の防止に寄与されることを期待しています。
目立て確認  鋸断演習  受け口
目立てチェック
目立てしたチェーンソーでの鋸断実習
受け口・追い口の確認
伐倒方向の確認  伐倒実習  造材実習
伐倒方向を入念にチェック
伐根で切り残し等の状態確認 造材実習

森林作業道(作設技術)研修  令和元年11月18日~11月22日

   地方公共団体職員等を対象にした森林作業道(作設技術)研修を実施しました。
   この研修では、丈夫で簡易な、壊れにくい森林作業道の整備を促進するため、地形・地質等に応じた作設技術を学んでいただきました。
   研修生には、まず当センターにおける作設事例を見学して、作設に当たっての留意事項等を学んでもらい、次に予定線の踏査を行った後、ドラグショベルで作設実習に取り組んでいただきました。
  本研修で得た技術や経験をいかして、研修生の皆様が、森林作業道作設に係る普及指導に活躍されることを期待しています。
踏査  路網作設風景  評価
森林作業道の線形の踏査 森林作業道作設実習の様子
作設した作業道について意見交換


高性能林業機械作業システム(生産性)研修  令和元年10月28日~11月1日

   地方公共団体職員等を対象にした高性能林業機械作業システム(生産性)研修を実施しました。
   この研修では、スイングヤーダを用いて、集材に要する時間等のデータ収集、データを基に生産性の算出、どういったところにボトルネックが発生するかなどを検証していきます。研修生には、検証結果、講師からの講評等を通して、効果的で効率的な高性能林業機械作業システムの選択に必要な基礎知識を学んでいただきました。
   研修を受講された皆様には、それぞれの地域において、安全かつ効率的な高性能林業機械作業システムの普及・定着にご尽力頂くことを期待しています。
データ収集  生産性の算出  講評
スイングヤーダを用いた集材作業の
データ収集
収集したデータの分析、生産性の算出
講師による講評

関東森林管理局森林官養成科研修    令和元年10月9日

   関東森林管理局の令和元年度森林官養成科研修生18名が、林業機械化センターの視察に訪れました。
   高性能林業機械(安全指導・前期)2研修の見学、チェーンソーの操作、高性能林業機械の操作等の説明や体験をしていただきました。
ハーベスタヘッドの説明  フォワーダ操作体験  チェーンソーの操作体験
ハーベスタの説明を受ける研修生
フォワーダの操作体験をする研修生
チェーンソーの操作体験をする研修生

高性能林業機械(安全指導・前期)2研修  令和元年10月7日~10月11日

   地方公共団体職員等を対象にした高性能林業機械(安全指導・前期)2研修を実施しました。
   この研修では、労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号)に基づき、車両系木材伐出機械等に関する知識及び技術を学んで頂きました。高性能林業機械(安全指導・後期)研修と合わせて受講することで、車両系木材伐出機械等運転者の特別教育が終了となります。
   研修を受講された皆様には、それぞれの地域において、林業における労働災害を減少させるとともに、安全かつ効率的な高性能林業機械作業の推進にご尽力頂くことを期待しています。
簡易架線の説明  ハーベスタ体験  アイスプライス
簡易架線の説明
ハーベスタ操作演習
アイスプライス演習

実践研修(森林作業道改修)  令和元年9月30日~10月4日

   地方公共団体職員、民有林関係者等を対象にした実践研修(森林作業道改修)を実施しました。
   この研修では、路網を活用した2巡目以降の搬出間伐の実施に当たり、森林作業道の継続的な利用を推進するため、林分成長に伴う作業システムの変更に必要となる既設路の線形変更等の森林作業道改修の技術について、検討と実践を行いました。
   路網の線形は、地形・地質・作業システムによって、大きく変化することから、研修生の皆様が、地域の実態に応じて最も効果的な手法を選択する一助となればと考えています。
改修箇所の踏査  改修方法の検討  研修生による改修の様子
改修箇所の踏査
改修方法の検討
研修生による改修の様子
路体強化と拡幅を実施  改修効果の検証  改修の検証
路体の補強と拡幅を実施
(国研)森林総合研究所林業工学研究領域森林路網研究室長を迎え、改修箇所の評価と意見交換を実施

関東森林管理局が主催する森林総合監理士等スキルアップ研修  令和元年9月19日

   関東森林管理局が主催する森林総合監理士等スキルアップ研修Vol.2(森林作業道指導者の育成)の研修生が、現地実習として林業機械化センターを訪れました。
   林業機械化センターでは、この研修の一科目として「森林作業道の作設指導に必要なポイント」と題し、当センターが作設した森林作業道の概要説明と実際に森林作業道を作設する様子を見て頂きました。
研修日程の説明  林業機械化センターが作設する森林作業道の説明  指導官による開設
林業機械化センター所長挨拶 森林作業道作設における林業機械化センターの取組を説明
機械化指導官による森林作業道作設のデモンストレーション

林業機械体験研修  令和元年9月17日~9月20日

   大学生(林業関係学会会員)等を対象とした林業機械体験研修を実施しました。
   この研修では、森林・林業施策の動向等の知識を付与するとともにチェーンソーや高性能林業機械の操体験を通じて、森林施業と林業機械に対する理解を深めていただきました。
   将来、林野行政の中枢を担って頂くことを期待しています。
林業機械開発の歴史を視察  スイングヤーダ体験  ハーベスタ体験
林業機械の変遷を見学(写真は昭和45年に試験導入されたスンズプロセッシングマシーン)

スイングヤーダの操作体験
ハーベスタの操作体験
グラップルの操作体験  チェーンソーの操作体験  森林技術総合研修所長の講義
グラップルの操作体験
チェーンソーの操作体験
森林技術総合研修所長の講義

高性能林業機械(安全指導・前期)1研修  令和元年9月9日~9月13日

   地方公共団体職員等を対象にした高性能林業機械(安全指導・前期)1研修を実施しました。
   この研修では、車両系木材伐出機械等に関する知識及び操作技術をと合わせて、安全指導に必用な知識についても学んで頂きました。また、高性能林業機械(安全指導・後期)研修と合わせて受講することで、労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号)に基づく車両系木材伐出機械等運転者の特別教育の修了となります。
   研修を受講された皆様には、それぞれの地域において、林業における労働災害を減少させるとともに、安全かつ効率的な高性能林業機械作業の推進にご尽力頂くことを期待しています。
元柱操作  集材状況  先柱にかけ
元柱スイングヤーダ操作班、先柱荷掛班、安全指導班の3班に分かれて実習を行いました。安全指導班は、各種操作、合図、安全確認が適切に出来ているかチェックし、不安全行為が見られればその都度、指導します。
ハーベスタ操作指導  フォワーダ操作  アイスプライス実習
ハーベスタの安全操作について確認
フォワーダの安全操作について確認
ワイヤーロープの取り扱い実習

高性能林業機械(基礎)2研修  令和元年9月2日~9月6日

   地方公共団体職員等を対象にした高性能林業機械(基礎)2研修を実施しました。
   この研修では、高性能林業機械の実践等を通じて、高性能林業機械の特性や安全な操作方法、作業システムに関する基礎的知識及び技術を学んでいただきました。
   研修を受講された皆様には、それぞれの地域において、高性能林業機械の普及、安全かつ効率的な高性能林業機械作業の推進にご尽力頂くことを期待しています。
研修概要説明  スイングヤーダ先柱の設置  スイングヤーダ先柱設置2
研修の概要説明 スイングヤーダ先柱の設置 先柱のガイライン(控索)の取り付け
ガイライン取り付け  グラップル操作実習  振り返り
ガイライン(控索)の取り付け グラップルの操作実習
研修の振り返り・意見交換

高性能林業機械(女性担当者)研修  令和元年8月27日~8月30日

   地方公共団体職員等を対象にした高性能林業機械(女性担当者)研修を実施しました。
   この研修は、女性の職場生活の活躍を推進するため、平成29年度から始まりました。研修では、高性能林業機械の操作実践等を通じて、機械の特性や安全な操作方法、作業システムに関する基礎的知識及び技術を学んでいただきました。また、森林整備の現場で活躍する女性たちと題して(株)柳沢林業原代表取締役にご講演いただきました。
   研修を受講された皆様には、それぞれの地域において、高性能林業機械の普及、加えて森林・林業の発展にご尽力頂くことを期待しています。
スイングヤーダの説明  搬機について説明  ハーベスタ操作
スイングヤーダについて説明

搬機及びホールバックライン、
ホールラインの取り付け方の説明
ハーベスタの操作実習

グラップル操作実習  フォワーダ操作実習  外部講師の講義
スイングヤーダを使った
単胴引き集材実習
フォワーダの操作実習

(株)柳沢林業原代表取締役の講義


高性能林業機械(基礎)1研修  令和元年8月5日~8月9日

   地方公共団体職員等を対象にした高性能林業機械(基礎)1研修を実施しました。
   この研修では、高性能林業機械の実践等を通じて、高性能林業機械の特性や安全な操作方法、作業システムに関する基礎的知識及び技術を学んでいただきました。
   研修を受講された皆様には、それぞれの地域において、高性能林業機械の普及、安全かつ効率的な高性能林業機械作業の推進に寄与頂くことを期待しています。
ハーベスタ操作実習  フォワーダ操作実習  フォワーダ操作実習運搬
ハーベスタ操作実習(造材) フォワーダ操作実習(積み込み)
フォワーダ操作実習(運搬)
グラップル操作実習
 スイングヤーダ操作実習  ふりかえり
グラップル操作実習(集材) スイングヤーダ操作実習(簡易架線集材)
振り返りの様子(注意点等の再確認)

東京大学の学生が林業機械化センターを視察  令和元年8月7日

   東京大学の学生16名が林業機械化センターを見学に訪れました。これは、森林利用学実習の一環として当センターを訪れたものです。
   学生の皆さんには、当センターの業務説明や施設紹介の後、機械化指導官の指導のもと2班に分かれて、高性能林業機械を用いた研修(高性能林業機械(基礎)1)の見学、チェーンソーによる鋸断、高性能林業機械(フォワーダ)の操作等を体験頂きました。
   近い将来、森林・林業の発展に貢献頂くことを期待しています。
研修見学  ハーベスタの説明  フォワーダ操作体験
高性能林業機械(基礎)1研修を見学 ハーベスタの機能説明を受ける学生
フォワーダ操作体験の様子
チェーンソー操作説明  鋸断体験  鋸断した円盤の確認
チェーンソ-操作について説明
鋸断体験
鋸断した円盤を確認する学生

高性能林業機械(林業大学校指導者)研修  令和元年7月29日~8月2日

   林業大学校の指導者等を対象にした高性能林業機械(林業大学校指導者)研修を実施しました。
   この研修では、高性能林業機械の操作実践等を通じて、高性能林業機械の特性や安全な操作方法に関する知識及び指導技術等について学んでいただきました。
   また、最終日には、講師としてお招きした岐阜県立森林文化アカデミー池戸秀隆教授、京都府立林業大学校芦田暢助教授、林野庁研究指導課中村昌有吉森林・林業技術者育成対策官から林業大学校の取組事例等について紹介頂き、意見交換を行いました。
   研修を受講された皆様には、林業大学校等において、高性能林業機械の普及、安全かつ効率的な高性能林業機械作業の推進に寄与頂くことを期待しています。
開校式  ハーベスタの説明  フォワーダの説明
開校式の様子
ハーベスタの機能及び操作説明
フォワーダの機能及び操作説明
スイングヤーダの説明  先柱の設置  意見交換の様子
スイングヤーダの機能及び操作説明
スイングヤーダの先柱の設置実習
意見交換の様子

チェーンソー伐木造材技術(初級)研修  令和元年7月22日~7月26日

   地方公共団体職員を対象にしたチェーンソー伐木造材技術研修(初級)を実施しました。
   この研修では、チェーンソーによる伐木造材作業に関する基礎的な知識及び技術、健康障害防止や安全作業等に必要な知識等について学んでいただきました。また、改正後の労働安全衛生規則第36条第8号の特別教育に必要な補講を取り入れて実施しました。
   研修を受講された皆様が、それぞれの地域において林業における労働災害及び健康障害の防止、安全な搬出間伐等の推進に寄与頂くことを期待しています。
下肢を保護する防護衣の説明  大径木の受け口づくり  目立て演習
下肢を守る防護衣(チャップス)の説明
大径木を想定した受け口追い口づくり
ソーチェーンの目立て実習
かかり木処理の説明  立木の伐倒実習  枝払い造材実習
フェリングレバーを活用した
かかり木処理について説明
立木の伐倒実習
枝払い・造材実習

チェーンソー・刈払機2研修 令和元年7月8日~7月12日

   国有林野事業職員を対象にしたチェーンソー・刈払機研修を実施しました。
   研修では、チェーンソー及び刈払機に関する基礎的知識及び技術、健康障害の防止や危険作業の回避に必要な技術等を学んでいただきました。また、チェーンソー・刈払機1研修と同様に、改正後の労働安全衛生規則第36条第8号の特別教育に必要な補講を取り入れて実施しました。
講義風景  チェーンソー分解組み立て実習  チェーンソー目立て
伐木等に関する講義 チェーンソー分解組み立て実習の様子
チェーンソー目立て実習の様子
鋸断  ゾウサイ実習の様子  チェーンソーの清掃
鋸断実習の様子
造材実習の様子
チェーンソーの清掃を行い実習終了

森林作業道(基礎技術) 令和元年6月24日~7月5日

   地方公共団体職員を対象にした森林作業道(基礎技術)研修を実施しました。
   この研修では、丈夫で簡易な、壊れにくい森林作業道の整備を促進するため、車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転技能講習を実施した上で、作設に当たっての基礎的な知識及び技術を学び、現場作設者へ的確な普及指導ができる者を育成することを目的としています。
   この研修で研修生全員が車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削)の資格を取得しました。また、参加した多くの研修生から、森林作業道(作説技術)研修に参加し技術を磨きたいとのご意見をいただきました。
ホイルローダーの操作説明  ホイルローダー実技講習  ホイルローダー実技講習2
ホイルローダーの操作説明 ホイルローダー実技講習の様子
ホイルローダー実技講習の様子
ドラグショベルの操作説明  ドラグショベル実技講習  ドラグショベル実技講習2
ドラグショベルの操作説明 ドラグショベル実技講習の様子
ドラグショベル実技講習の様子
森林作業道の作説説明  森林作業道作設実習  森林作業道作設実習2
森林作業道作設の考え方を説明
森林作業道作設実習の様子
森林作業道作設実習の様子

チェーンソー・刈払機1研修 令和元年6月10日~6月14日

  国有林野事業職員を対象にしたチェーンソー・刈払機研修を実施しました。
  研修では、チェーンソー及び刈払機に関する基礎的知識及び技術、健康障害の防止や危険作業の回避に必要な技術等を学んでいただきました。
  この度のチェーンソー研修では、平成31年2月12日に労働安全衛生規則の一部改正が行われたことに伴い、改正後の労働安全衛生規則第36条第8号の特別教育に必要な補講を取り入れて実施しました。
チェーンソーの操作説明  受け口追い口作り  チルホールを用いたかかり木処理
チェーンソーの操作説明 受け口追い口づくり チルホールを用いたかかり木処理
立木の伐倒  刈り払い機の構造  刈り払い機操作
立木の伐倒 刈払機の構造 刈払機操作

集材架線研修    令和元年5月28日~6月7日

  地方公共団体職員等を対象にした集材架線研修を実施しました。
  研修では、索張りの実践を通じた「安全な架設・撤去の作業手順」、「集材機の運転操作」及び「架線設計」に関する知識及び技術等を学んでいただきました。研修生からは「本研修のような機会で、広範な知識を体系立てて学ぶ必要があると感じた。」、「架設作業を実際に体験して、理屈が分かった。」、「安全が第一であることが分かるように講師が行動され、参考になった。」といった声が寄せられました。
模型を使用した演習  リードロープとホールバックライン入れ替え  スカイラインクランプの取り付け
模型を使用した演習
リードロープとホールバックライン
の入れ替え作業
スカイラインクランプの取り付け

関東森林管理局新採研修    令和元年5月15日

  関東森林管理局の令和元年度新規採用者19名が、林業機械化センターの視察に訪れました。
  林業の機械化の変遷を知ることができる展示棟、チェーンソーによる立木の伐倒及び高性能林業機械(プロセッサ、フォワーダ等)について見学していただきました。
センター所長挨拶  展示棟の説明  チェーンソーによる伐倒説明
林業機械化センター所長挨拶

展示棟視察

チェーンソーによる立木の伐倒
について説明を受ける研修生
プロセッサの説明  フォワーダの説明  フェラバンチャザウルスロボの説明
プロセッサの操作説明を受ける研修生 フォワーダの操作説明を受ける研修生 フェラバンチャザウルスロボの操作説明
を受ける研修生 

林業機械化研修・研究協議会の開催    令和元年5月9日  於 林業機械化センター

  5月9日()、森林技術総合研修所林業機械化センターにおいて、令和元年度林業機械化推進研修・研究協議会が開催され、平成30年度試験・研究成果の報告と令和元度の試験・研究計画について検討等が行われました。
  その結果、継続課題として「路網作設における木質材料利用の高度化
」、新規課題として「外部センサの活用による路面締め固め判定手法の開発」、「データ取得目的に応じたUAV等による画像取得手法の開発」に取り組むことを決定しました。
  試験・研究で得られた成果については、協議会会報を発行して関係機関に周知を図るほか、業務や研修等を通して技術の普及、機械化の推進を図って参ります。
所長挨拶  成果報告1  成果報告2
 会長挨拶(上田森林技術総合研修所長)  研究成果説明1  研究成果説明2
     

林業機械化研修・研究協議会については、こちらをご覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kikai/kyougikai/ringyoukikaikasuisinnkennsyuu.html

過去の研修の様子

森林研修所ニュース

お問合せ先

林野庁森林技術総合研修所林業機械化センター

ダイヤルイン:0278-54-8332
FAX番号:0278-54-8280