このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

タケの分布状況(第1期・第2期・第3期)

森林⽣態系多様性基礎調査では、タケ類も含む樹種の判定を⾏っています。

この調査結果を用いることにより、タケ類が出現した林分の分布図を作成し、継続的にモニタリングすることが可能です。
ここでは、わが国に代表的なタケ類について、その種が出現している調査点数(※)とその分布状況を示しています。

モウソウチクの出現する調査点数は、第1期から第3期にかけて増加傾向がみられます。
マダケ及びハチクの出現する調査点数は、第1期から第2期にかけて増加しましたが、第2期から第3期にかけては大きな変化はみられませんでした。

各タケ類の出現する調査点数は、現地調査実施プロットの結果を基に、現地調査未実施のプロット(到達不可能点)を含む全森林プロットに当てはめて推計しています。

  モウソクチクの
出現する調査点数
マダケの
出現する調査点数
ハチクの
出現する調査点数
第1期 310 309 75
第2期 317 324 81
第3期 338 322 82

 

 モウソウチク(第1期)  モウソウチク(第2期)  モウソウチク(第3期)
 マダケ(第1期)  マダケ(第2期)  マダケ(第3期)
 ハチク(第1期)  ハチク(第2期)  ハチク(第3期)

 

 

お問合せ先

森林整備部計画課

担当者:全国森林計画班
代表:03-3502-8111(内線6155)
ダイヤルイン:03-6744-2339
FAX:03-3593-9565