このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

森林生態系のタイプ<優占樹種に基づく森林タイプ>(第1期・第2期・第3期)

    ここでは、調査プロット内に出現する樹種の胸高断面積の合計が30%以上を占める樹種を優占樹種とし、それに基づいて集計を行い、森林生態系のタイプを区分しました。

なお、人工林・天然林・その他の区分については、第1期、第2期は森林簿情報を、第3期は現地調査を元に分類しています。

    この考え方によると、我が国の森林は「針葉樹が優占している森林」、「広葉樹が優占している森林」の割合がほぼ同程度であるとともに、様々な森林生態系のタイプで構成されています。

 ※森林生態系タイプの区分の仕方には、他にも様々な考え方があります。

         

 

森林生態系タイプ区分(第1期)

 森林生態系タイプ区分(第2期)
森林生態系タイプ区分(第3期)

 

調査結果へ

 

※ 森林生態系多様性基礎調査 TOPへ

お問合せ先

森林整備部計画課

担当者:全国森林計画班
代表:03-3502-8111(内線6155)
ダイヤルイン:03-6744-2339
FAX:03-3593-9565