このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森の撮っておき!


    北海道国有林の大自然、森林づくりの現場などから届いた”HOTな写真”を掲載していくギャラリーです

    森林(もり)の撮っておき!(2015年3月)

    紋別部内の上原峠(2015年3月12日撮影)

    国有林の現場職員は、夏だけでなく積雪期も森林調査を実施します。
    人の背丈くらいのササが繁茂していて歩けない箇所があるため、冬の積雪期に調査を実施します。

    林道
    夏はササが繁茂して歩けない林内も、スキー板を履いてスイスイ進めます。

    1203林班
    (遠軽と紋別の中間です。1203林班)

    天気が良く、立ち止まると自分の息しか聞こえない世界です。

    胸高直径の計測
    トドマツの太さ(胸高直径)を測っています。
    本州は地面から120センチメートルの高さですが、北海道は積雪があるので130センチメートルです。
    トドマツの高さを目測して、トドマツの材積を求めます。

    キツツキの食害の跡
    キツツキの食痕。
    雪の上に木くずが散乱しており、新しい食痕だと分かります。

    ウサギの足跡
    ウサギの足跡もくっきり残っています。
    雪のおかげで、いろいろな動物の痕跡が分かります。

    (撮影者:網走西部森林管理署 西紋別支署 松尾 好高)

    お問合せ先

    総務企画部企画課

    ダイヤルイン:050-3160-6275
    FAX番号:011-622-5235