このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    北海道国有林の大自然、森林づくりの現場などから届いた”HOTな写真”を掲載していくギャラリーです

    森林官の仕事(2014年)

    支障木調査(2014年2月5日撮影)

    この日は、ゾンメルスキー(※1)を利用して、林業専用道(※2)を新設するための支障木調査を行いました。

    現地はとても雪深かったですが、めずらしく良い天気に恵まれましたので、作業中の写真などを撮影してみました。

    雪深い冬山では、ゾンメルスキーを利用するため、作業前にはスキー操作の安全対策や調査手順などについて、ミーティングを行います。

    安全対策や調査手順などについて、ミーティング

    颯爽と調査箇所へ向って移動します。ちなみに、2m以上ある雪の上を移動しています。

     颯爽と調査箇所へ向って移動 

    移動途中に見かけた沼田町国有林の雪化粧です。

    沼田町国有林 

    支障木調査を行っているところです。ゾンメルスキーを使用しているので、体重が多少重くても、足が埋まることなくすいすいと移動できます。

    支障木調査を行っているところです

    作業が終了し、スキーを慎重に滑走させて帰路に着きます。なお、安全なスキー操作のためには、前の滑走者と同じところを滑らず、新雪上を滑ることが肝心です。6.2km程度を移動し、やっと作業終了です!

    6.2km程度を移動し、やっと作業終了 

    (※1)ゾンメルスキー:アザラシの皮などが貼ってあり、山の中を歩行する目的で作られたもの。

    (※2)林業専用道:幹線となる林道を補完し、間伐作業などの森林施業の用に供する道のことで、普通自動車(10トン積程度のトラック)や大型ホイールタイプフォワーダの輸送能力に応じた規格・構造を有するもの。 

    (撮影者:北空知支署 治山技術官 大山 暁央)

      お問合せ先

      総務企画部企画課

      ダイヤルイン:050-3160-6275
      FAX番号:011-622-5235