このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    知床どんぐり調査(ミズナラ堅果調査)

    知床森林生態系保全センターでは、多くの野生動物にとって重要な食料となっているミズナラの堅果(どんぐり)
    の結実量について平成元年から毎年継続して調査を実施しています。

                             シマリスがドングリを食べている                                                      


    • 【調査地の概要】

    調査地は、知床世界自然遺産地域内のイダシュベツ地区と岩尾別地区の2箇所(国有林内)です。

    イダシュベツ地区:『カムイワッカ湯の滝』に向かう道道知床公園線の途中の森
    岩尾別地区   :『羅臼岳岩尾別登山口』に向かう町道岩尾別温泉道路の途中の川を渡った森

    調査地の地形は下表のとおりです。

    場所 岩尾別地区 イダシュベツ地区
    標高 110m 330m
    斜面方向 北西
    傾斜 5度未満 5~15度未満
    混合歩合 広葉樹7割
    針葉樹3割
    広葉樹6割
    針葉樹4割

     

    • 【調査方法】

    調査対象木はイダシュベツ地区に10本、岩尾別地区に15本の計25本あります。
    調査木1本につき、1.0m×1.0mのシードトラップ(下図)を3つ設置(計3.0m2)し、
    堅果の落下時期に当たる9月から10月にかけて堅果(どんぐり)を毎週回収し、個数と重量を計測しています。

    落下するドングリを集めるシードトラップ  シードトラップの仕組み




    NEW 【令和元年度調査結果】NEW

    今年は31年間の調査の中でも二番目に回収された堅果数の多い「大豊作年」となりました。

      

    調査木1本当たりの調査期間の回収個数(調査木25本の平均値)は31年間平均で162.6個であるのに対し、今年は657.6個でした。同じく堅果1個当たりの平均重量は2.0gなのに対して2.4gという結果でした。





    【これまでの調査結果の公開について】


    平成元年から実施している調査の基礎データを公開いたします。
    より詳細なデータの提供、調査についてご不明な点等ございましたら下記までお問い合わせください。


    ミズナラ堅果調査結果(H1~R1)(EXCEL : 279KB)

    データ内「注記」タブをご確認の上ご利用ください。
    ※添付データに修正があったためデータを更新しています(令和2年1月15日)。






                                                                          (担当:知床森林生態系保全センター専門官)

    お問合せ先

    知床森林生態系保全センター ミズナラ調査 担当

    〒099-4355 北海道斜里郡斜里町ウトロ東番外地
    ダイヤルイン:0152-24-3466
    FAX番号:0152-24-3477

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader