このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    2019年9月

    ニセコ発!森林パトロール後志GSS 

    森林パトロール後志GSS

    令和元年9月28日大平山(生物群集保護林)(土曜日)巡視

    本日は島牧村にある大平山(おびらやま、1,191m)の巡視を行いました。
    大平川の水源にあることが山名の由来ですが、「オ・ピラ」はアイヌ語で「川に崖がある」という意味だそうです。

    沢沿いの歩道上で歩行を妨げていた多くの倒木を処理しました。
    倒木処理

    第1ピークより第2ピーク(1,075m付近)方面を望む。後志の山々も紅葉が始まりました。
    紅葉

    第1ピークから上は、藪漕ぎを要する場所や岩場が続きますので、足元にご注意ください。
    笹藪

    岩場

    オオヒラウスユキソウ
    オオヒラウスユキソウ

    アオノイワレンゲも赤く色付いていました
    アオノイワレンゲ

    令和元年9月21日(土曜日)ニセコアンヌプリ巡視

    本日は、鏡沼を経てニセコアンヌプリまでのルートを巡視しました。
    ニセコアンヌプリ7合目からの眺望です。左下に鏡沼、その右上には10月にG20観光大臣会合が行われるニセコHANAZONOリゾートが見えます
    7合目からの眺望

    19日に初冠雪が観測された羊蹄山の山頂には、まだ少し雪が残っていました。
    山頂の雪
    クリックすると大きくなります



    秋晴れの中、パラグライダーで気持ち良さそうに飛行する人たち。
    パラグライダー
    クリックすると大きくなります

    本日はゴミも少なく、特段の異常はありませんでした。
    一面に咲くヤマハハコと羊蹄山。
    ヤマハハコ

    令和元年9月13日(金曜日)目国内岳巡視

    本日は秋晴れの中、岩内町と蘭越町にまたがる目国内岳(めくんないだけ、1,220メートル)を巡視しました。

    眺望も素晴らしく、山頂からはニセコ連峰(手前)から羊蹄山(奥)まで、はっきりと見えました。
    山頂からはニセコ連峰(手前)から羊蹄山(奥)まで、はっきりと見えました。

    薄くなっていた標識の文字を白ペンキで丁寧に塗っていきます。

    ビフォー
    ビフォー

    作業中
    作業中

    アフター
    アフター

    前目国内岳の標識も整備しました。
    前目国内岳の標識も整備しました。

    令和元年9月5日(木曜日)狩場山巡視

    本日は道南の最高峰の狩場山を、後志署員4名とともに巡視を行いました。

    写真はこの周辺が生息域とされる真っ黒なカタツムリの「ブドウマイマイ」です。
    真っ黒なカタツムリの「ブドウマイマイ」です。

    6~7合目の間に広がるお花畑の様子です。
    歩道をそれた登山者に踏み荒らされていた植生は、少しずつ元に戻りつつあります。
    お花の時期も歩道外への立ち入りはおやめください。
    6~7合目の間に広がるお花畑の様子です。

    9合目からの笹藪地帯。腰の高さまである笹に遮られ、足下がよく見えません。
    地面に日が当たらず、ぬかるんで滑りやすいので、歩行には十分な注意が必要です。
    9合目からの笹藪地帯。腰の高さまである笹に遮られ、足下がよく見えません。

    山頂から西側・日本海方面の尾根沿いに設けられた茂津多(もった)コース。
    日本一高い場所にある茂津多岬灯台までは、山頂から約10キロメートルの道のりです。健脚の方には、こちらの縦走もおすすめします。
    山頂から西側・日本海方面の尾根沿いに設けられた茂津多(もった)コース。

    エゾノホソバトリカブトが咲いていました。
    エゾノホソバトリカブトが咲いていました

    お問合せ先

    総務企画部企画課

    ダイヤルイン:050-3160-6271
    FAX:011-622-5194