このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

「みどりの月間」中の主な緑化関係行事

「みどりの月間」(4月15日~5月14日)には、「みどり」に関する各種行事が全国的に実施されます。

平成29年 みどりの月間主要行事(4月15日~5月14日)

月日 行事名 主催(唱) 場所・会場 内容
4月15日(土曜日) 自然観察指導者研修「春の観察ポイント」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 附属自然教育園 学校教員・科学クラブ等の指導者を対象に、自然教育園園内や身近な自然環境のもとで自然解説を行う際のポイント・考え方を解説し、指導力のアップを目指す
4月15日(土曜日) 第3土曜日クラフトデー「押し花でつくるコースター」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 筑波実験植物園 花や木の実など季節に因んだ自然の素材を使用した工作を楽しめる
4月15日(土曜日)
~4月23日(日曜日)
企画展「さくらそう展~さくらそうがつなぐ保全の未来~」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 筑波実験植物園 絶滅が危惧されているサクラソウ保全の取り組みを紹介するとともに、日本屈指のさくらそう品種コレクションを公開(会期中休園なし)
4月15日(土曜日)
~5月14日(日曜日)
パネル展示
「みどりを見つめ続けた日本の研究者たち」
日本科学未来館 日本科学未来館 常設展内 これまでのみどりの学術賞受賞者の研究内容をわかりやすく紹介
4月16日(日曜日) 皇居吹上御苑自然観察会 宮内庁 皇居吹上御苑 自然観察会
参加者の募集は既に終了
4月16日(日曜日) 京都御苑春の自然教室 環境省 京都御苑 春に見られる動植物について、専門家の話を聞きながら御苑内を歩く
4月16日(日曜日) 自然史セミナー (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 附属自然教育園 海洋で黄色の「葉」をもち、光合成を行って生きている黄色植物(ワカメやコンブなどの海藻)の不思議な世界を紹介
4月16日(日曜日) 研究者によるディスカバリートーク「ダーウィンもびっくり!ランのふしぎなくらし」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 上野本館 夏山を彩る高山植物たちの多様さや過酷な環境での生き方などについて、研究員が館内で解説
4月19日(水曜日) 「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰 環境省 新宿御苑 自然環境功労者に対する環境大臣表彰
4月22日(土曜日) 無料入園日/オープンラボ (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 筑波研究施設・筑波実験植物園 筑波研究施設の一般公開と共に、植物園にて「植物園バックヤードツアー」を実施(入園無料)
4月23日(日曜日)
~4月29日(土曜日)
科学コミュニケーターによるサイエンス・ミニト-ク 日本科学未来館 日本科学未来館 常設展内 今年度の受賞内容を分かりやすく紹介するとともに、みどりの大切さについてみどりの科学コミュニケーターと一緒に考える
4月28日(金曜日) 第10回「みどりの式典」 内閣府 東京都内 みどりの学術賞及び緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰の授与
4月29日(土曜日) 2017新宿御苑みどりフェスタ 環境省 新宿御苑 自然とのふれあい、生物多様性、国立公園等に関するステージイベント、ブース出展
4月29日(土曜日) 自然観察会「植物園で春のきのこを観察しよう」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 筑波実験植物園 研究者の案内で植物(きのこ)を観察
4月29日(土曜日)
~6月4日(日曜日)
コレクション特別公開「クレマチス園公開」 (独)国立科学博物館 国立科学博物館 筑波実験植物園 自然と人が作り出したクレマチスの美しさをご覧いただくとともに、クレマチスの特徴や科学的知見、絶滅が危惧されているカザグルマなどを紹介
4月30日(日曜日) 研究者によるディスカバリートーク「バラとその仲間の花」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 上野本館 ウツギの仲間の特徴、種の識別点などについて、研究員が館内で解説
4月30日(日曜日) セミナー里山の四季「園内で見る春の植物」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 筑波実験植物園 筑波山周辺の植物を季節ごとに学習指導員の案内で観察
5月3日(水曜日) 特大植物かるた大会 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 筑波実験植物園 植物を紹介した特大カルタでカルタ大会を園内の広場で実施
5月4日(木・祝) 皇居吹上御苑自然観察会 宮内庁 皇居吹上御苑 自然観察会
参加者の募集は既に終了
5月4日(木・祝) みどりの日における無料公開 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 附属自然教育園 武蔵野の自然に親しむ日として、無料開園
5月4日(木・祝) 無料入園日(みどりの日) (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 筑波実験植物園 花と緑に親しむ日として無料開園
5月5日(金・祝) 研究者によるディスカバリートーク「ワカメの生物学」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 上野本館 日本を代表する海藻ワカメの分類、色、生き方、分布拡大などについて紹介
5月6日(日曜日) フェノロジー基礎講座 果物の自然誌〈講義と観察〉「ダイオウグミとその仲間」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 筑波実験植物園 当月を代表する種について自然の移り変わりと生長との関わりなどを解説・観察する講座の第2回
5月7日(日曜日) 研究者によるディスカバリートーク「シダの葉の色のいろいろ」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 上野本館 シダの葉の緑色について解説
5月7日(日曜日) 日曜観察会「チョウの生活」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 附属自然教育園 その時期にあったテーマで園内を案内し、自然の営みへの理解を深める
5月13日(土曜日)
~5月14日(日曜日)
森と花の祭典-「みどりの感謝祭」 農林水産省・林野庁他 都立日比谷公園、にれの木広場等 ・みどりの感謝祭式典、緑と花のプレゼント
木のクラフト、山菜・ジビエ料理などの販売やツリークライミングなどの体験プログラム
ステージプログラム
5月14日(日曜日) 研究者によるディスカバリートーク「共生体「地衣類」を利用する生物」 (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 上野本館 地衣類とさらにこの地衣類に関わりながら生きている様々な生物を紹介
5月14日(日曜日) 緑陰サイエンスカフェ (独)国立科学博物館 (独)国立科学博物館 附属自然教育園 「大都会の哺乳類」をテーマに、研究者と語り合う場を園内に設ける

お問合せ先

森林整備部森林利用課山村振興・緑化推進室

担当者:緑化推進班

代表:03-3502-8111(内線6217)
ダイヤルイン:03-3502-8243
FAX:03-3502-2887