English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 森林で働く人たちの安全で快適な職場づくり > 林業労働災害の現況


ここから本文です。

更新日:平成26年9月29日

林業労働災害の現況

     林業における労働災害の発生は、各種災害防止活動の展開等、関係者の努力により減少傾向で推移していますが、労働災害の撲滅を図るためには、今後とも安全衛生対策の確実な実行を推進することが必要となっています。

                                                                                                                                                                                               (単位:人)

区分

平成21年

平成22年

平成23年

平成24年

平成25年

死傷者数

(休業4日以上)

全産業 114,152  116,733  117,958 119,576 118,157
林業 2,306  2,363 2,219 1,897 1,723 
死亡者数 全産業 1,075 1,195 1,024 1,093 1,030 
林業 43  59 38  37 39 

    資料:死傷者数(休業4日以上)は「労働者死傷病報告」、死亡者数は「死亡災害報告」(厚生労働省)。

 


1.林業労働災害の発生状況

    林業における(図1)年齢別死亡災害発生状況は、50歳以上が32人で82%を占めており、(図2)作業種別の死亡災害では、伐木作業中の災害が19人で49%を占めています。

 

nenreibetu

 

sagyousyu betu


2. 林業労働災害の発生率

    足場の悪い山の中で伐採木等重量物を取り扱う林業の労働災害の発生率は、災害の発生度合を表す「千人率」で他産業と比べると、全産業の中で最も高くなっています。  

区分 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年
全産業 2.3 2.0 2.1 2.1 2.3 2.3
林業 29.9 30.0 28.6 27.7 31.6 28.7
鉱業 14.0 14.2 13.9 13.9 9.9 12.0
建設業 5.3 4.9 4.9 5.2 5.0 5.0
製造業 3.0 2.5 2.6 2.7 3.0 2.8
 木材製造業 8.3 7.2 7.4 7.9 13.1 11.4

    資料:「産業別死傷年千人率」(厚生労働省)
    注: 平成24年より千年率の計算に用いる資料が「労働者災害補償保険事業年報」及び「労災保険給付データ」から「労働者死傷病報告書」及び「労働力調査」に変更されている。

お問い合わせ先

林政部経営課林業労働対策室
担当者:労働安全衛生班
代表:03-3502-8111(内線6085)
ダイヤルイン:03-3502-1629
FAX:03-3502-1649

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図