English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 「国民の森林」国有林 > 森林への招待状 > 緑づくり支援窓口 > よくあるお問い合わせ・ご相談


ここから本文です。

よくあるお問い合わせ・ご相談

ア.森林レクリエーション、記念植樹、体験林業に関すること
  Q1.レクリエーションの森について教えてください
  Q2.国有林で記念植樹をするには、どのような手続きが必要ですか
  Q3.国有林で植樹や除伐の体験をする場合、どのような支援をしてもらえますか
  Q4.教員の視野を広げるような研修を実施してもらえませんか

 

イ.分収造林、分収育林等国有林野の利活用に関すること
  Q1.分収造林を新規に申し込みたいので、場所や手続きについて教えてください
  Q2.分収造林の契約は、延長できますか
  Q3.企業のCSR活動(社会貢献活動)として森林整備を行いたいのですが
  Q4.森林ボランテイア活動を行うため、フイールドの提供・技術指導をしてもらえませんか
  Q5.国有林に入林(入山)する場合、手続きが必要と聞いたのですが
  Q6.調査研究に協力してもらえませんか

 

ウ.森林、林業、木材に関すること
  Q1.林業の現場への就職情報はどこに問い合わせたら良いですか
  Q2.森林・林業のことを勉強できる高校や大学などを教えてください
  Q3.森林の働きや国有林の役割について、子どもたちに教えてください
  Q4.薪や間伐材を購入したいのですが

 

 ア.森林レクリエーション、記念植樹、体験林業に関すること

Q1.レクリエーションの森について教えてください  

A1.林野庁では、優れた自然景観を有し、森林浴や自然観察、野外スポーツ等に適した森林を「レクリエーションの森」として設定し、国民の皆様に提供しています。詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

 なお、利用に際しては、国有林を利用される皆様へのお願いをご覧くださるようお願いします。

 

 

 

 

Q2.国有林で記念植樹をするには、どのような手続きが必要ですか 

A2.林野庁では、緑化意識の高揚、林業の体験学習等に資するものである場合、国有林野内のフィールド(原則として1回当たり1ヘクタール以下)を市町村、学校、森林組合等の皆様に提供しています。申込に当たっては、森林管理署長等へ所定の申込書を提出いただく必要があります(立木竹の所有権及び植栽、保育等の作業により生ずる全ての権利は、放棄していただくことが承認の条件となります)。
詳しくは、お近くの森林管理局・森林管理署等の「緑づくり支援窓口」までお問い合わせください。

 

 

 Q3.国有林で植樹や除伐の体験をする場合、どのような支援をしてもらえますか

A3.国有林野内で体験林業を行う場合、フィールドの提供(原則として1回当たり1ヘクタール以下)のほか、必要な用具等の貸し出し、技術及び安全指導に関する支援等を行っています。申込に当たっては、森林管理署長等へ所定の申込書を提出いただく必要があります(立木竹の所有権及び植栽、保育等の作業により生ずる全ての権利は、放棄していただくことが承認の条件となります)。
なお、継続的な活動を希望される場合は、「ふれあいの森」、「遊々の森」などの協定制度もございます。
詳しくは、お近くの森林管理局・森林管理署等の「緑づくり支援窓口」までお問い合わせください。

 

 

Q4.教員の視野を広げるような研修を実施してもらえませんか 

A4.まずは希望される内容や場所、時期、人数等をお知らせください。
なお、対象人数が多いなど署等のみでの対応が難しい場合、森林インストラクター等の要請(有料)が必要になるケースもございます。
詳しくは、お近くの森林管理局・森林管理署等の「緑づくり支援窓口」までお問い合わせください。

 

 イ.分収造林、分収育林等国有林野の利活用に関すること

Q1.分収造林を新規に申し込むには、どのような手続きが必要ですか

A1.分収造林は、造林者(国以外の者)が、契約により国有林野に木を植えて一定期間育て、成林後に分収木を販売し、その収益を国と造林者が分収する制度です。
申込に当たっては、最寄りの森林管理局・森林管理署等に公示してある対象地に応募するか、森林管理署長等へ任意様式の申請書(住所、氏名、契約を希望する森林の所在地等を記載)を提出いただく必要があります。
詳しくは、分収造林制度のホームページをご覧ください。

  

 

Q2.分収造林の契約は、延長できますか

A2.公益的機能の維持増進を図る観点から長伐期の施業等を推進する場合、造林者の申請により分収造林契約の存続期間の延長(最長で80年まで)は可能です。

 

 

Q3.企業のCSR活動(社会貢献活動)として森林整備を行いたいのですが

A3.林野庁では、企業等の社会貢献活動に係る国有林のフィールド活用に向けて、国民参加の森林づくり等を実施しています。

詳しくは、国民参加の森林づくりのぺージ、「レクリエーションの森」のサポーター募集をご覧ください。 

 

Q4.森林ボランティア活動を行うため、フィールドの提供・技術指導をしてもらえませんか

A4.林野庁では、1日だけの体験林業のためのフィールド提供・技術指導のほか、「ふれあいの森」など協定制度(最長5年間)によるフィールド提供等(協定締結による国民参加の森づくり)も行っています。 ※立木竹の所有権及び植栽、保育等の作業により生ずる全ての権利は、放棄していただくことが条件となります。
詳しくは、お近くの森林管理局・森林管理署等の「緑づくり支援窓口」までお問い合わせください。 

   

 

Q5.国有林に入林(入山)する場合、手続きが必要と聞いたのですが

A5.環境調査など各種調査や測量、イベント開催、取材などを目的とする場合や、狩猟、有害鳥獣駆除を目的とする場合、事前に森林管理署等において入林手続きをしていただく必要があります。
詳しくは、お近くの森林管理局・森林管理署等の「緑づくり支援窓口」までお問い合わせください。

 

 

Q6.調査研究に協力してもらえませんか

 A6.林野庁では、調査研究に対して国有林のフィールドを提供しています。1年限りの調査の場合は、事前に森林管理署等へ入林許可申請(入林届)を提出していただくことになりますが、2年以上に亘り試験プロットを設定する場合は、協定を締結していただく場合もございます。
詳しくは、お近くの森林管理局・森林管理署等の「緑づくり支援窓口」までお問い合わせください。

 

 ウ.森林、林業、木材に関すること

 Q1.林業の現場への就職情報はどこに問い合わせたら良いですか

A1.林野庁では、平成15年度から「緑の雇用」事業を実施し、林業への新規就業希望者の技能・技術習得をバックアップしています。
詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

緑の雇用~森林で働く人を応援します(林野庁HP)
http://www.rinya.maff.go.jp/j/routai/koyou/index.html 

 

 

Q2.森林・林業のことを勉強できる高校や大学などを教えてください

A2.「循環型社会」の構築が求められる中で、「地球温暖化防止」など森林の多面的機能や森林資源の循環利用の必要性等に対する理解を有する人材が求められています。
次世代を担う皆様のご活躍を期待しています(下記ファイルをご覧ください)。

  
「森林・林業に関する学科・科目設置校一覧表」(PDF:192KB)

 

 

Q3.森林の働きや国有林の役割について、子どもたちに教えてください

A3.林野庁では、皆様からの森林教室等の要望を随時受け付けております。希望される内容、場所、時期、対象者等を、お近くの森林管理局・森林管理署等の「緑づくり支援窓口」までお知らせください。

  

 

Q4.薪や間伐材を購入したいのですが

 A4.国有林では、間伐に伴って生産された間伐材については、基本的に一般競争入札により製材工場等に販売しております、また、国有林内に残されている残材(間伐材等)につきましては、薪として購入することは可能ですが、購入したものは現地での引渡しとなりますので、ご自身で搬出・運搬して頂く必要があります。詳しくは、お近くの森林管理局・森林管理署等の「緑づくり支援窓口」までお問い合わせください。

 


緑づくり支援窓口

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図