English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 林業金融・税制制度 > 森林整備をしたい


ここから本文です。

森林整備をしたい

制度融資のうち、造林・間伐などの森林整備や素材生産に利用できる資金を紹介します。

日本政策金融公庫資金 

 造林資金(林業基盤整備資金(造林))

人工植栽・天然林改良、森林の保育・保護・保全などの育林、造林用附帯施設(林業機械、作業道、防火線、造林用簡易宿泊施設)の設置・改良に利用できます。

利用間伐推進資金(林業基盤整備資金(利用間伐推進))

利用間伐の実施に必要な、以下の事業に利用できます。

  1. 森林の保育、保護、保全等の育林
  2. 造林用附帯施設(作業道、林業機械など)の設置、改良

森林整備活性化資金

造林資金又は利用間伐推進資金のうち利用間伐に必要な資金と併せて借りることができる無利子の資金で、これらの資金を低利化することができます。借入れに当たっては、一定の要件を満たす必要があります。

育林資金

人工林又は天然林改良林の保育、保護、保全等の育林に使えます。

林業・木材産業改善資金 

林業機械の購入、作業道の開設、森林施業の受託の実施などに利用できる無利子の資金です。

木材産業等高度化推進資金 

素材生産等促進資金(事業経営改善合理化資金(素材生産等促進資金))

素材生産等を行うのに必要な短期または長期の運転資金です。

間伐等促進資金(事業経営改善合理化資金(間伐等促進資金))

間伐等に係る素材生産に必要な短期または長期の運転資金です。

林業経営高度化推進資金

造林に必要な作業労賃、苗木代、燃料費、機械・施設の使用料、作業委託費、素材生産の請け負わせに必要な費用等に使えます。

お問い合わせ先

林政部企画課
ダイヤルイン:03-3502-8037
FAX:03-3593-9564

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図