このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

調査方法

調査地点の設定方法

国土全域に4km間隔の格子点を想定し、その交点を調査地点とする標本調査です。

交点が森林に位置する箇所に調査プロットを設定し、現地調査を行います(調査対象点数:14,838点)。

 

                              調査地点の設定

 

調査期間と調査実施点数(実績)

各調査期間及び調査実施点数は次のとおりです。

第1期調査:平成11年~平成15年(14,367点

第2期調査:平成16年~平成20年(14,119点

第3期調査:平成21年~平成25年(13,357点


   調査対象地点と調査実施点数の差が発生するのは、調査地点が通常の手段では到達できないところに所在している等によるもの。

 

調査プロットの設定方法

一箇所当たりの調査プロットの面積は、0.10haです。その中に3つの異なる半径の同心円による細区分を行っています。 

                            調査プロットの形状と面積

  ※ 森林生態系多様性基礎調査 TOPへ

お問合せ先

森林整備部計画課

担当者:全国森林計画班
代表:03-3502-8111(内線6144)
ダイヤルイン:03-6744-2300
FAX:03-3593-9565