このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

地球環境保全

  森林は、温暖化の原因である二酸化炭素の吸収や蒸発散作用により、地球規模で自然環境を調節しています。

 

二酸化炭素吸収

  森林は光合成により二酸化炭素を吸収し、炭素を固定して、地球の温暖化防止に重要な役割を果たしています。日本の森林が、光合成によって吸収する二酸化炭素は年間約1億トンで、これは我が国の二酸化炭素排出量の8%、国内の全自家用乗用車の排出する量の7割に相当します。


化石燃料代替エネルギー

  住宅1棟(床面積136平方メートル)を建設する時に必要な材料の製造に必要なエネルギー消費から、放出される炭素の量を試算すると、木造住宅は鉄骨プレハブ造、RC造住宅のそれぞれ3分の1、4分の1倍の炭素放出量です。


 

お問合せ先

森林整備部計画課
担当者:企画課
代表:03-3502-8111(内線6143)
ダイヤルイン:03-3501-3842
FAX:03-3593-9565