English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 林業を支える高性能林業機械 > 高性能林業機械とは


ここから本文です。

高性能林業機械とは

  高性能林業機械とは従来のチェーンソーや刈払機等の機械に比べて、作業の効率化、身体への負担の軽減等、性能が著しく高い林業機械です。 
  20年ほど前から開発・普及が進められており、平成21年度には約4,200台が林業の現場で使用されています。
  主な高性能林業機械として、フェラーバンチャ、スキッダ、プロセッサ、ハーベスタ、フォワーダ、タワーヤーダ、スイングヤーダなどがあります。

 

フェラーバンチャ(伐倒・集積)

 

スキッダ(集材)

 

プロセッサ(枝払い・玉切り)

 

ハーベスタ(伐倒・枝払い・玉切り・集積)

 

フォワーダ(集材)

 

タワーヤーダ(集材)

 

スイングヤーダ(集材)

 

 

お問い合わせ先

森林整備部研究指導課技術開発推進室
代表:03-3502-8111(内線6215)
ダイヤルイン:03-3501-5025
FAX:03-3502-2104

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図