English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 森林・林業分野の国際的取組 > 国際セミナー「持続可能な森林経営の推進には何が必要か」


ここから本文です。

 国際セミナー「持続可能な森林経営の推進には何が必要か」

持続可能な森林経営を推進していくに当たり、2015(平成27)年は、気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)における「パリ協定」の採択、国連サミットにおける「持続可能な開発目標(SDGs)」を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の採択、「森林に関する国際的な枠組」を2030年まで延長することを決定した国連経済社会理事会の決議など、画期的な出来事が多くみられる重要な年となりました。今後は、国際社会が協力し、これらに掲げられた目標や約束を実行していく段階となりますが、一方では、多くの国において、資金や技術の不足、ガバナンスの脆弱性等、効果的な施策を実施するための様々な課題に直面しています。
こうした課題の解決に向けた方策を検討するため、林野庁は、国連森林フォーラム(UNFF)との共催により、平成28年3月9日(水曜日)に国際セミナー「持続可能な森林経営の推進には何が必要か」を開催しました。

1.主催等

主催:林野庁、国連森林フォーラム(UNFF)事務局

後援:外務省

2.開催日時・場所

日時:平成28年3月9日(水曜日)13時30分~17時00分

場所:鉄鋼会館 801会議室(東京都 中央区 日本橋 茅場町3-2-10)

3.出席者 (Participants)

各国政府、国際機関、研究機関、民間団体、学生、NGO、一般参加者など約15カ国から約120名が出席。

4.プログラム

(1)本セミナー趣旨説明

持続可能な森林経営の推進には何が必要か(PDF:1,173KB)

清水 邦夫(林野庁森林整備部計画課海外森林資源情報分析官)

(2)各専門家からの発表

「国際セミナー「持続可能な森林経営の推進には何が必要か」によせて」(PDF:175KB)

Mr. Sven-Eric Bucht(スウェーデン農村開発大臣)

 「森林の世界的動向と持続可能な開発のための2030アジェンダ」(PDF:1,213KB)

Dr. Manoel Sobral Filho(国連森林フォーラム(UNFF)事務局長)

「持続可能な森林経営の実践にむけて-マレーシアの事例紹介-」(PDF:1,929KB)

Dr. Bin Che Yeom Freezailah(マレーシア木材認証協議会議長)

 「持続可能な森林経営の推進に向けた世界的責務の促進」(PDF:541KB)

Mr. Lambert Okrah(森林メジャーグループ(Major Groups)会長)

 「JICAによる持続可能な森林経営への貢献」(1~24頁(PDF:1,914KB))(25~45頁(PDF:1,551KB)
五関 一博(独立行政法人国際協力機構(JICA)地球環境部技術審議役)

(3)パネルディスカッション

ファシリテーター:後藤健(国際熱帯木材機関(ITTO)次長)

パネリスト:

Mr. Ulrich Apel(地球環境ファシリティ(GEF)上級環境専門官)
Mr. Mattias Schwoerer(ドイツ食料・農業・消費者保護省海外林業政策課長)
Dr. Bin Che Yeom Freezailah(マレーシア木材認証協議会議長)
Mr. Lambert Okrah(森林メジャーグループ(Major Groups)会長)
五関 一博(独立行政法人国際協力機構(JICA)地球環境部技術審議役)

4.その他

平成28年2月22日プレスリリース<国際セミナー「持続可能な森林経営の推進には何が必要か」の開催及び参加者の募集について>

 http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaigai/160222.html


 

お問い合わせ先

森林整備部計画課海外林業協力室
担当者:海外企画班 越前・劔持
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX:03-3593-9565

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図