このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    民有林と国有林の連携

    流域管理の推進

       宮城北部流域における森林・林業、林産業の活性化を図るためには、川上から川下までの流域を単位として、民有林と国有林が連携した取組を進めることが重要です。
       このため、民有林関係者である宮城県や市町村、林業関係機関・団体等と情報技術の交換や連絡調整を図りながら、林産物の供給、森林の保全、路網の整備等流域の特性に応じた森林整備を進めています。

    1.地域との連携

       地域における森林・林業の発展のため、宮城県・管内各市町村、宮城北部流域森林・林業活性化センター等の関係機関と連携して取り組みます。

    (1)宮城県「新みやぎ森林・林業の将来ビジョン」

          宮城県のみやぎ森と緑の県民条例基本計画「新みやぎ森林・林業の将来ビジョン」はこちら

    2.森林整備推進協定(森林共同施業団地)

    (1)加美町小野田地区森林整備推進協定

       加美町小野田地区の森林整備推進協定(森林共同施業団地)を締結しています。
          加美町小野田地区の森林整備推進協定(森林共同施業団地)はこち

    (2)南三陸地域森林整備推進協定

       南三陸地域森林整備推進協定(森林共同施業団地)を締結しています。
          南三陸地域森林整備推進協定(森林共同施業団地)はこち



    3.林業の低コスト化の普及と林業技術の向上

        林業の低コスト化に向けた森林施業の実施と普及、効率的な作業システムの構築、路網と高性能林業機械の導入、コンテナ苗等の活用について取り組みます。


    (1)各種検討会・研修会等

       林業技術の向上のために各種検討会・研修会等を開催、参加しています。

    現地検討会



    各種会議


    (2)低コストな森林施業の実証的な取組み

       森林施業のコストを低減するため、一貫作業システムやコンテナ苗を活用した植栽、下刈の省略、列状間伐等による低コストな森林施業を実証的に実施します。
          低コストな森林施業の実証的な取組み 


    お問合せ先

    宮城北部森林管理署

    代表:050-3160-5930(IP)
    ダイヤルイン:0229-22-2074
    FAX番号:0229-23-8624