このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    保護林

    「保護林」は、原生的な天然林などを保護・管理することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保護、森林施業・管理技術の発展、学術の研究等に資することを目的としている国有林野のことです。

    国有林野事業では、自然公園法の前身である国立公園法(昭和6年)や文化財保護法の前身である史跡名勝天然記念物法(大正8年)の制定に先駆け、国有林野独自の制度として大正4年に保護林制度を発足させて以来、時代に合わせて制度の見直しを行いながら保護林の適切な保護・管理に努めています。

    なお、現在の保護林区分は以下の3区分となっています。

    • 森林生態系保護地域
      我が国の気候帯または森林帯を代表する原生的な天然林
    • 生物群集保護林
      地域固有の生物群集を有する森林
    • 希少個体群保護林
      希少な野生生物の生育・生息に必要な森林

    管内保護林の紹介

    白神山地森林生態系保護地域

    男鹿半島海岸植生生物群集保護林

    仁鮒水沢スギ小掛山スギ希少個体群保護林


    お問合せ先

    米代西部森林管理署
     
    ダイヤルイン:0185-54-551
    FAX:0185-54-5514

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader