このページの本文へ移動

九州森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    平成28年度の取組

    平成28年度第2回照葉樹林復元ボランティア間伐の実施 

     綾の照葉樹林プロジェクトでは、一般企業、学生、NPO、綾町民、一般市民等、様々なボランティアの方々による照葉樹林への復元を図るための間伐作業を、平成17年の協定締結以降実施しており、今年度第2回目の間伐作業を221日に宮崎県綾町中尾国有林20454林小班に設定しているボランティア用見本林おいて、ダイワハウスの職員及び一般参加者の方々、25人が参加し実施されました。
     当日は天候にも恵まれ集合場所である綾町・川中キャンプ場において、開会式が行われ、その後、作業地に移動し職場の仲間・家族と一緒に楽しく作業を行いました。
     
    参加者には、立木を伐るのが初めて、鋸を使うのも初めてという方も参加し、受け口・追い口切りに悪戦苦闘しながら、息を切らせながらも楽しく作業し、伐倒したときの迫力に歓声が上がるとともに、切り口から漂うヒノキの香りを楽しんでいました。
     
    参加者からは「きつかったが楽しかった」「貴重な経験ができた」「今後もボランティアに参加したい」などの声が聞かれました。

    間伐の様子 ボランティアの方々
    ボランティアの方々の間伐作業の様子
    ダイワハウスの職員及び一般参加者の方々

     

    綾プロジェクト第25回連携会議を開催

     2月20日に宮崎県綾町役場において、「綾の照葉樹林プロジェクト(略称:綾プロ)」の第25回連携会議が、九州森林管理局、宮崎県、綾町、公益財団法人日本自然保護協会、一般社団法人てるはの森の会の関係機関5者が出席し開催されました。
     会議では、平成28年度予定事業の進捗状況について各協定者が報告するとともに、国有林における保護林制度改正に伴う、綾プロエリア内の保護林の検討状況等について報告がなされました。
     
    また、その他の議題として綾プロの運営について事務局を担う「てるはの森の会」が地元に密着した活動を推進するために宮崎市から綾町に事務所を移転することから特別寄付を募るキャンペーンを行うこと、さらに綾プロ全エリアを含む「綾ユネスコエコパーク」について3月から4月にかけて綾町民を対象に行われたアンケートの解析結果の概要が報告されました。
     
    綾プロも10年が経過し、今までの各種取組について整理し、新たな10年につなげていくこととし、今後も協定5者が一丸となり取り組むことが確認され閉会ました。

    綾プロ第25回連絡会議
    第25回連携会議の様子

     

    平成28年度第1回照葉樹林復元ボランティア間伐の実施

     綾の照葉樹林プロジェクトは、平成17年の協定締結以来、一般企業、学生、NPO、綾町民、一般市民等、様々なボランティアの方々による照葉樹林への復元を図るための間伐作業を実施しており、今回で18回目を迎え、1126日に宮崎県綾町中尾国有林20454林小班に設定しているボランティア用見本林おいて、昨年度に引き続きソーラーフロンティア社(本社、宮崎・国富工場)の職員及び家族38人が参加し実施されました。
     当日は天候にも恵まれ集合場所である綾町・川中キャンプ場において、開会式が行われ主催者を代表して鈴木正勝宮崎森林管理署長が挨拶。その後、参加者全員で準備体操を行い作業地に移動し、宮崎森林管理署職員による間伐の実演及び安全指導を受け、森林管理局・署職員の指導の下、職場の仲間・家族と一緒に楽しく作業を行いました。
     
    参加者は、間伐・玉切り作業が初めて、鋸を使うのも初めてという方も参加し、受け口・追い口切りに悪戦苦闘しながらも楽しく作業し、伐倒したときの迫力に歓声が上がるとともに、切り口から漂うヒノキの香りを楽しんでいました。
     
    参加者からは「貴重な経験ができた。今後もボランティアに参加し、森を守る活動を続けていきたい。」などの声が聞かれました。

    集合写真
    ソーラーフロンティア社の職員及びご家族38人

     

    綾プロジェクト第24回連携会議を開催

     7月14日に宮崎県綾町役場において、「綾の照葉樹林プロジェクト(略称:綾プロ)」の第24回連携会議が、九州森林管理局、宮崎県、綾町、公益財団法人日本自然保護協会、一般社団法人てるはの森の会の関係機関5者が出席し開催されました。
     会議に先立ち、河野耕三てるはの森の会代表理事より「綾プロは10年が経過し、次の10年を目指した最初の連携会議であり、1年間の各種取組の確認の場であることから出席者による審議をお願いします。」と挨拶しました。
     
    会議は、協定5者から平成27年度事業報告及び平成28年度事業計画(案)が報告・提起され、満場一致で確認・承認されました。
     
    また、その他の議題として綾プロの運営についてや事務局を担う「てるはの森の会」をより地元に密着した活動を推進するために宮崎市から綾町に移転することから特別寄付を募るキャンペーンを行うこと、さらに綾プロ全エリアを含む「綾ユネスコエコパーク」について3月から4月にかけて綾町民を対象に行われたアンケートの解析結果の概要が報告されました。
     
    綾プロも10年が経過し、新たな10年を迎えたことから、今後も協定5者が一丸となり取り組むことが確認され閉会ました。

    会議の様子
    連携会議の様子

     

     

    お問合せ先

    計画保全部計画課
    担当者:森林施業調整官
    代表:096-328-3500(内線504)
    ダイヤルイン:096-328-3612
    FAX:096-325-3804