このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

漆の化学

漆は主に塗料として使われますが、塗った漆の乾かし方は、通常のやり方、例えば洗濯物を乾かすような方法とは違います。漆の中に含まれる酵素「ラッカーゼ」が、ある温度と湿度によって活性化し、空気中の酸素と反応することで、液体から固体へと変化するのです。「ラッカーゼ」が最も活性化するのは、温度が20~25度で湿度が75~85%の時であり、高温・乾燥状態では漆は「乾き」ません。そこで、「漆風呂」と呼ばれる乾燥器具を用いて、漆の固化する条件を整えます。

漆風呂

漆風呂

お問合せ先

林政部経営課特用林産対策室
代表:03-3502-8111(内線6086)
ダイヤルイン:03-3502-8059
FAX:03-3502-8085