このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

林業労働力の動向

林業従事者数

 森林の有する多面的な機能を発揮するために必要な森林の整備等を担うのは、主に山村において林業に従事する方々です。国勢調査(総務省)によると、 林業従事者の数は長期的に減少傾向で推移しており、令和2年(2020年)には4万4千人となっています。

 また、林業の高齢化率(65歳以上の割合)は、令和2年(2020年)は25%で、全産業平均の15%に比べ高い水準にあります。一方で、若年者率(35歳未満の割合)をみると、全産業が減少傾向にあるのに対し、林業では平成2年(1990年)以降増加傾向で推移し、令和2年(2020年)には17%となっています。

syashin2.jpg


新規就業者の推移

 新規就業者数は、「緑の雇用」事業を実施する以前は年間平均約2,000人であったものが、事業実施以降には年間平均約3,200人にまで増加しています。令和3年度(2021年度)は3,043人となっています。

syashin3.jpg




(参考)就業環境を取り巻く状況

 資料:一目でわかる林業労働(PDF : 1,109KB)NEWアイコン

お問合せ先

林政部経営課林業労働・経営対策室

ダイヤルイン:03-3502-1629

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader