このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

林業労働災害の現況

更新日:令和元年5月27日

林業における労働災害の発生は、各種災害防止活動の展開等、関係者の努力により減少傾向で推移していますが、労働災害の撲滅を図るためには、今後とも安全衛生対策の確実な実行を推進することが必要となっています。
発生件数
     労働災害推移.jpg
  


 

 

1.林業労働災害の発生状況

林業における年齢別死亡災害発生状況(図1)は、50歳以上が27人で87%を占めており、作業種別の死亡災害(図2)では、伐木作業中の災害が17人で55%を占めています。

 年齢別グラフ

 

作業別グラフ

都道府県別
一人親方




2. 林業労働災害の発生率

足場の悪い山の中で伐採木等重量物を取り扱う林業の労働災害の発生率は、災害の発生度合を表す「千人率」で他産業と比べると、全産業の中で最も高くなっています。 
千人率
 

    資料:「業種別死傷年千人率」(厚生労働省)

お問合せ先

林野庁林政部経営課林業労働対策室

ダイヤルイン:03-3502-1629
FAX番号:03-3502-1649