このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

ペレットストーブにおける木質ペレットの燃焼時の留意点について

各都道府県宛通知

23林政利第124号
平成24年3月27日

各都道府県林産担当部長  殿

                                                    林野庁林政部木材利用課長

ペレットストーブにおける木質ペレットの燃焼時の留意点について

 

ご承知の通り、薪については、その燃焼灰から濃度の高い放射性セシウムが検出されている状況にあります。
こうした中で、木質ペレットについても、一般家庭におけるペレットストーブで使用されている実態にあること等から、林野庁は、念のため、全国各地の木質ペレット及びペレットストーブの燃焼灰の放射性セシウム濃度についての調査を昨年来実施してきたところです。
この調査において本年3月までに分析した木質ペレットの放射性セシウム濃度は検出下限濃度(1 Bq/kg)未満~78Bq/kg、ストーブ燃焼灰の放射性セシウム濃度は770~7,400Bq/kgであり、3月27日にこれらを中間報告として公表したところです。
この中で、汚染状況重点調査地域の一部検体においては、8,000Bq/kgに近い燃焼灰が検出されています。また、火力を大きくして長時間燃焼した場合、燃焼灰の放射性セシウム濃度が高くなる傾向が見られたところです。
つきましては、下記の点を十分留意するよう、貴県内の関係者に御周知いただきますようお願いいたします。

1.周知の対象者
ペレットストーブの一般使用者

2.周知の内容
木質ペレットを、強くかつ長く燃焼させると、燃焼灰の放射性セシウム濃度が高くなる傾向にあるので、そのようなことを避け、灰をなるべくこまめに回収すること。

 ペレットストーブにおける木質ペレットの燃焼時の留意点について(平成24年3月27日付け23林政利第124号林野庁林政部木材利用課長通知)(PDF : 62KB)

 

関係団体宛通知 

 23林政利第124号
平成24年3月27日

一般社団法人日本木質ペレット協会会長  殿

林野庁林政部木材利用課長

ペレットストーブにおける木質ペレットの燃焼時の留意点について

 

ご承知の通り、薪については、その燃焼灰から濃度の高い放射性セシウムが検出されている状況にあります。
こうした中で、木質ペレットについても、一般家庭におけるペレットストーブで使用されている実態にあること等から、林野庁は、念のため、全国各地の木質ペレット及びペレットストーブの燃焼灰の放射性セシウム濃度についての調査を昨年来実施してきたところです。
この調査において本年3月までに分析した木質ペレットの放射性セシウム濃度は検出下限濃度(1Bq/kg)未満~78Bq/kg、ストーブ燃焼灰の放射性セシウム濃度は770~7,400Bq/kgであり、3月27日にこれらを中間報告として公表したところです。
この中で、汚染状況重点調査地域の一部検体においては、8,000Bq/kgに近い燃焼灰が検出されています。また、火力を大きくして長時間燃焼した場合、燃焼灰の放射性セシウム濃度が高くなる傾向が見られたところです。
つきましては、下記の点を十分留意するよう、貴団体の関係者に御周知いただきますようお願いいたします。

1.周知・指導の対象者
ペレットストーブの一般使用者

2.周知の内容
木質ペレットを、強くかつ長く燃焼させると、燃焼灰の放射性セシウム濃度が高くなる傾向にあるので、そのようなことを避け、灰をなるべくこまめに回収すること。

 ペレットストーブにおける木質ペレットの燃焼時の留意点について(平成24年3月27日付け23林政利第124号林野庁林政部木材利用課長通知)(PDF : 63KB)

お問合せ先

林政部木材利用課

担当者:木質バイオマス推進班
代表:03-3502-8111(内線6121)
ダイヤルイン:03-6744-2297
FAX:03-3502-0305

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader