このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

木質バイオマスはどのように使われているのか

燃料用途としての木質バイオマスは、主に木質チップや木質ペレットに加工され、木材産業や公共施設、発電所等の施設でエネルギー利用されています。

 biomass6

木材産業では、約400の工場で木くず焚くボイラーを設置しており(H20)、工場で発生した端材や樹皮などの残材を燃やして木材の乾燥や工場内の暖房に利用しています。その内の一部では発電も行っています。

 biomass7

公共施設(温泉、温水プール、役場庁舎、社会福祉施設等)や農園芸ハウス等における木質バイオマスボイラーの利用や、学校や家庭における木質ペレットストーブの利用が増えています。

 biomass8

更に、近年、電気事業者や製紙工場、製鉄所、セメント工場などの石炭火力発電所において、間伐材等の木質バイオマスを石炭と混合利用している取り組みも見られます。

biomass9 

お問合せ先

林政部木材利用課

担当者:木質バイオマス推進班
代表:03-3502-8111(内線6121)
ダイヤルイン:03-6744-2297
FAX番号:03-3502-0305