このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム」の開催~福島の森と木の親子体験オンライン教室2021~

  • 印刷
令和3年9月10日
林野庁
林野庁では、令和3年11月13日(土曜日)にYouTubeにて、「福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム~福島の森と木の親子体験オンライン教室2021~」を開催します。

1.概要

林野庁では、東京電力福島第一原子力発電所の事故により放射性物質の影響を受けている森林・林業の再生を図るため、関係者との連携の下、森林内の放射性物質の動態把握や林業再生に向けた技術の実証などに取り組んでいます。
本シンポジウムは、これまでに得られた知見や成果などを地域や都市住民の皆様に分かりやすく伝え、福島の森林の現状について理解を深めていただくために、平成26年度から毎年度開催しているものです。
なお、昨年度に続き、新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、オンラインで開催いたします。

2.開催日時及び会場

日時:令和3年11月13日(土曜日)14時00分~15時45分
会場:南中野区民活動センター(東京都中野区)よりライブ配信(参加者は自宅のパソコン等から参加。参加費・配信視聴無料)

3.主な内容

(1)プログラム1「福島の森のハカセになろう」
  霧箱実験、木材・土・葉の放射線量測定実験を行います。
  講師:鳥取大学研究推進機構研究基盤センター  北  実氏
           国立研究開発法人森林研究・整備機構  森林総合研究所  篠宮  佳樹氏
                                                                                      小松  雅史氏
(2)プログラム2「森と木に親しもう」 
  福島で育っている木の特長や魅力を紹介します。
  講師:田人林業研究会   緑川  平隆氏
                                  下條   真輝氏
(3)プログラム3「森のめぐみ  なめこ収穫」
  なめこの収穫体験を行います。
  講師:国立研究開発法人森林研究・整備機構  森林総合研究所  小松  雅史氏
 

4.参加定員

小学校中学年以上の親子500組(1,000名)※先着順
参加は、祖父母と孫などの組合せでも構いません。配信を見ながら一緒に楽しめる体験キット(木工クラフト用端材、なめこ栽培キット)を事前に参加者の自宅へお送りします。

5.参加申込要領

(1)申込方法
参加を希望される方は、「インターネット」又は「郵便・FAX」にて、以下の申込先に、代表者氏名(ふりがな)、住所、学生別(保護者含む)、年齢、性別、代表者職業、電話番号(携帯電話も可)及びメールアドレスをご記入の上、お申し込みください。

<WEBによるお申込先>
http://www.ringyou.or.jp/hukyu/detail_1685.html
<郵便・FAXによるお申込先>
〒107-0052 東京都港区赤坂1-9-13三会堂ビル
一般社団法人全国林業改良普及協会シンポジウム事務局宛て
FAX番号:03-3583-8454

(2)申込締切
令和3年10月27日(水曜日)17時00分(必着)
ただし先着順につき、募集人数に達した時点で募集を締め切らせていただきます。お申込みされた方にはご案内を電子メールでお送りいたします。
なお、お申込みによって得られた個人情報は厳重に管理し、参加の可否確認等ご本人への連絡を行う場合に限り利用させていただきます。

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、上記「参加申込要領」に従い、取材を希望する旨を記載し、インターネット又はFAXにてお申し込みください。その場合、報道関係者である旨を必ず明記するようお願いいたします。

添付資料

福島の森林・林業再生に向けたシンポジウム(PDF : 3,284KB)

(参考)関連動画の紹介

「福島のもり応援隊動画」(農林水産省公式「maffchannel」内再生リストに、昨年度のオンライン配信のダイジェストを含め、様々な動画をアップしています)

お問合せ先

[シンポジウムの趣旨等について]
森林整備部研究指導課
担当者:可知、西尾
代表:03-3502-8111(内線6224)
ダイヤルイン:03-6744-9530

[参加申込等について]
一般社団法人全国林業改良普及協会
担当者:本永、三石
電話:03-3584-6625
FAX番号:03-3583-8365