このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

ESG投資等における建築物への木材利用の評価に関する検討

概要

近年、ESG要素を重視した投資等が拡大する中、建築分野では、木材の利用による、建築時の二酸化炭素排出削減や炭素の貯蔵などカーボンニュートラルへの貢献、森林資源の循環利用への寄与、空間の快適性向上といった効果に対して期待が高まっています。このため、令和3年度から、林野庁委託事業にて、このような木材利用の効果が建築分野のESG投資等において有効に評価されるよう、建築物における木材利用に係る評価項目や指標、評価の仕組みのあり方等について、有識者による検討を実施しています。令和5年度までに一定の整理を行う予定です。

これまでの検討成果

お問合せ先

林政部木材産業課

担当者:住宅資材班
代表:03-3502-8111(内線6106)
ダイヤルイン:03-6744-2295