ホーム > 森林(もり)のご案内 > 青森ヒバ施業実験林


ここから本文です。

青森ヒバ施業実験林

1.実験林の設定の目的

青森県の下北半島と津軽半島には、ヒバを主体とした天然林が広がっています。

青森営林局(現東北森林管理局)は、ヒバ天然林施業を適切に進めるため、松川恭佐氏を中心として、大正末期から大規模な調査研究を行い、「森林構成群を基礎とするヒバ天然林の施業法」を確立しました。

大畑及び増川ヒバ施業実験林は、この天然林施業を現地に適用し、継続的に森林の推移に関するデータをとりながら、その成果を明らかにすること等を目的として、昭和6年に設定されたものです。以来、約80年にわたり計画的に施業が行われてきています。

これらの実験林で得られた成果は、現在のヒバ天然林施業に活かされています。

2.実験の目的

  1. 森林構成群を基礎とする施業法の経営的価値の実験
  2. 集約的施業の展示林の造成
  3. ヒバに関する各種試験・研究の継続

 3.実験林の位置

増川ヒバ施業実験林青森県実験林位置図大畑ヒバ施業実験林

 4.実験林の風景

大畑ヒバ施業実験林の風景

大畑ヒバ施業実験林の風景(下北半島)

増川ヒバ施業実験林の風景(津軽半島)

増川ヒバ施業実験林の風景(津軽半島)

お問い合わせ先

森林整備部技術普及課
ダイヤルイン:018-836-2211
FAX:018-836-2012

森林管理局の案内

リンク集