このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

     

    棚倉森林管理署

     takigawa-keikoku

    〒963-6131

    福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字舘ヶ丘73ー2

    TEL:0247(33)3111(代表)

    IP電話:050(3160)5975(代表)

    FAX:0247(33)3113

    http://www.rinya.maff.go.jp/kanto/tanagura/index.html

     

    新着情報

     【2017年11月27日】 公売・入札情報(棚倉)林産物の売払情報に「第5回資格付一般競争入札結果(立木)」を掲載しました。 NEWアイコン

     【2017年11月21日】公売・入札情報(棚倉)林産物の売払情報に「第6回資格付一般競争入札(立木)」を掲載しました。 NEWアイコン 

     【2017年11月15日】国有林野への入林についてに「鳥獣の捕獲等を目的として国有林に入林する者の立入禁止区域図」を更新しました。 NEWアイコン

    棚倉森林管理署からのお知らせ

       

    新着イベント情報

    公売・入札情報

    森への誘い

    国有林野の入林について NEWアイコン

    追手門跡地にある樹齢570余年の「大ケヤキ」

    国有林とは

    棚倉森林管理署について 

    業務内容

    環境・自然保護の知識

    ご意見お問い合わせ

    リンク集

    サイトマップ

    森林管理署のある町

    棚倉森林管理署は福島県東白川郡棚倉町にあります。
    棚倉町は福島県の南部に位置し、町の約7割を森林が占め四季を通じ温暖で住みよい自然環境を有しています。
    町の歴史は古く、縄文・弥生時代から生活が営まれていたことが町内に分布する遺跡から伺われます。
    江戸時代に入り寛永元年に幕府の命により、丹羽五郎左右衛門長重が棚倉城を築いてから、棚倉藩六万石の城下町として240年にわたり当地方の政治、経済、文化の中心地として栄えてきました。
    棚倉森林管理署はこの棚倉城の城跡にありましたが、平成7年3月に町が一望できる現在の高台に移転しました。
    左の写真は、旧営林署近くの追手門跡地にある樹齢570余年の「大ケヤキ」で、戦国時代から永く棚倉町の歴史を見てきたケヤキです。昭和51年に県の天然記念物に指定されています。

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader