このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林管理局の概要

    関東森林管理局管内の概要

    • 関東森林管理局では、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、静岡県の1都10県にわたる区域の国有林を管理しています。

    この区域面積の約2割を占める国有林(約118万ヘクタール)は、その大部分が本州脊梁山脈のほぼ中央部に位置し、利根川、信濃川、阿賀野川、阿武隈川、那珂川等、下流に控える大都市の「水がめ」としての役割を果たしています。

    関東森林管理局全体組織

    局庁舎から望む山々

    •  画像をクリックすると拡大します。

    北部

    北部(写真左「小野子山」、写真中央「子持山」)を望む

    所在:群馬県渋川市、沼田市

    北東部

    北東部(写真中央「赤城山」)を望む

    所在:群馬県前橋市、沼田市、渋川市、桐生市

    西部

    西部(写真左「妙義山」、写真右「浅間山」)を望む

    所在:群馬県下仁田町、富岡市、安中市、長野県軽井沢町、群馬県嬬恋村

    北西部

    北西部(写真中央「榛名山」)を望む

    所在:群馬県高崎市、渋川市、東吾妻町

    撮影:平成22年2月8日局庁舎屋上から  

     管内の百名山

    • 管内のうち福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川、新潟、山梨、静岡の各都県には富士山をはじめとして、深田久弥の記した「日本百名山」に含まれる名山、名峰のうち、46座が所在し、そのうち国有林がある山は33座を数えます。(山頂外の一部に国有林があるものも含む)これらの山々の自然を守ることは国有林の使命です。

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader