このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林の整備

    森林には、国土の保全、水源のかん養、自然環境の保全、地球温暖化の防止、林産物の供給等の様々な機能がありますが、これらの機能を発揮させるためには、森林を構成する樹木を健全に生育させる必要があります。

    造林事業

    造林事業は、「地拵」「植え付け」「下刈」「つる切」「除伐」、「間伐」等の一連の作業を、計画的、かつ、適切に実施することにより、健全な森林の整備を図ると共に、これらを通じて上記の諸機能の持続的な発揮を図ることを目的としています。
    その他、松くい虫などの森林病害虫の防除作業も実施しています。
    また、天然林の林木自身の再生力を利用した天然林の造成も実施しています。

     

       

    林道事業

    林道及び林業専用道は、多面的機能を有する森林の適切な整備及び保全を図り、効率的かつ安定的な林業経営を確立するために必要不可欠な施設であり、一方で、森林の総合利用の推進、山村の生活環境の整備、地域産業の振興等にとって重要な役割を果たしています。

     

    1.林道

    〇効率的な森林の整備、地域産業の振興等を図る

    • 原則として不特定多数の者が利用する恒久的公共施設
    • セミトレーラーの車両の通行を想定
    • 一般車の通行も想定し安全施設を完備

    rindou

     

     

    2.林業専用道

    〇幹線となる林道を補完し、森林作業道と組み合わせることにより、森林作業道の機能を高め、木材輸送機能を強化補完するもの

    • 主として特定の者が森林施業のために利用する恒久的公共施設
    • 10t積程度のトラックや林業用車両(大型ホイールフォワーダ等)の走行を想定
    • 必要最小限の規格・構造を有する丈夫で簡易な道

    ringyousenyoudou

    お問合せ先

    森林整備部森林整備課
    ダイヤルイン:027-210-1183
    FAX:027-210-1185

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader