English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 林野庁の組織 > 森林技術総合研修所 > 研修所について


ここから本文です。

森林技術総合研修所

研修所について

森林技術総合研修所は、森林・林業に関する我が国唯一の国の研修機関で、森林・林業行政に係わる林野庁職員、都道府県等職員、海外研修生を対象に、森林・林業についてのさまざまな知識と最新の技術の習得を目的として総合的な研修を実施しています。
研修の実施にあたっては、講義形式や演習形式、さらには現場での実習を取り入れるなど、効果的な研修となるよう努めています。
研修生は、ここで得た知識・技術を基に、森林・林業についてのさまざまな課題を解決するため、日本各地はもとより世界各国でも活躍しています。

沿革

林業講習所(平成7年3月まで)

昭和27年8月   林業講習所が設置される
昭和28年5月   林野庁小石川分室で研修が開始される
昭和29年6月   品川区上大崎長者丸に庁舎落成
昭和34年3月   北海道支所が設置される
昭和44年4月   養成課が新設される
昭和45年10月  現在地に新庁舎落成、移転
昭和60年8月   北海道支所が廃止される

沼田機械化センター(平成7年3月まで)

昭和32年8月   沼田営林署が機械作業実験営林署に指定され、機械化室が設置される
昭和35年4月   沼田営林署の機械化室が機械課に改組される
昭和36年4月   同機械課に根利機械化技術指導所が設置される
昭和46年4月   同機械課が技術開発センターに改組される
昭和59年4月   技術開発センター、根利機械化技術指導所が一般会計に移管され、林野庁研究普及課沼田分室、根利分室(通称:沼田林業機械化センター)となる

森林技術総合研修所(平成7年3月以降)

平成7年4月   林業講習所と林野庁研究普及課沼田林業機械化センターとを改組し、森林技術総合研修所が設置される
平成8年3月   群馬県利根村(現・沼田市)根利に林業機械化センター新庁舎落成

平成26年2月  森林技術総合研修所庁舎耐震工事完了

組織図(PDF:156KB)

 

 施設の紹介

 

お問い合わせ先

森林技術総合研修所
ダイヤルイン:042-661-7121
FAX:042-661-7314

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図