このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    八甲田山生物群集保護林
    はっこうださんせいぶつぐんしゅうほごりん

    赤沼から見る赤倉岳

    1.  概要

    • 津軽森林管理署、青森森林管理署、三八上北森林管理署
    • 所在    青森県青森市、黒石市、十和田市、平川市
    • 設定    平成元年
    • 面積    6,409.70ha

    2.  設定目的

    • 奥羽山脈の北端にある八甲田連峰は、「道南下北津軽型」、「東北太平洋型」及び「東北日本海型」の接点となる地域に位置し、自然状態が十分に保存された天然林を主体とする森林が広く分布し、地域固有の生物群集がまとまりを持って存在する区域であることから、この区域の生物群集を保護・管理する。

    3.  その他

    • 取扱い方針
      原則として自然の推移に委ねることを基本とし、施業等を必要とする場合には、管理経営の指針に基づき行うこととする。
    • 法令制限
      水源かん養保安林、土砂流出防備保安林、保健保安林、国指定十和田鳥獣保護区特別保護地区及び普通地区、十和田八幡平国立公園
    • 留意事項
      平成元年に三本木営林署(現・三八上北森林管理署)において現在の114ほ2林小班(20.56ha)が蔦イタヤカエデ林木遺伝資源保存林に設定され、平成8年に八甲田山森林生物遺伝資源保存林に拡大・再編された。

    お問合せ先

    計画保全部 計画課
    担当:生態系保全係

    ダイヤルイン:018-836-2092
    FAX:018-836-2203

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader