このページの本文へ移動

九州森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    入林手続きが不要な場合

      レクリエーションの森、スキー場、登山道、遊歩道、休憩小屋等の施設が整備されている箇所に、登山や森林浴など森林レクリエーションの目的で入林する場合は、入林届の提出が不要です。ただし、入林者に危険が及ぶ可能性がある場合や国有林内での事業実行に支障がある場合には、立入禁止にすることがありますので、事前に管轄森林管理署等へ確認してください。

      なお、入林にあたっては、以下の点について十分に注意してください。

    1. 登山道や遊歩道等の箇所以外は、滑落や蜂・蛇による被害などを受ける危険性が高いことや、希少野生動植物が生息している箇所もあるので、登山道・遊歩道等から絶対に外れないようお願いします。
    2. 台風、豪雨、積雪等の悪天候時は、滑落、落石、倒木、落枝、土石流などの危険が増大しますので、原則として入林しないようお願いします。また、安全の確保された施設と異なり自然の中は危険な箇所が数多くありますので、好天時であっても十分ご注意願います。
    3. 林道は道幅が狭く未舗装の部分がほとんどで落石の危険性もあることから、通行の際はスピードを控え安全に通行するようお願いします。 また、工事関係者等の大型車が通行する場合がありますので、長時間車を離れる場合は、決められた箇所又は離合できる広い箇所に駐車するようお願いします。
    4. 入林者の不注意等により負傷等した場合、国としては責任を負いかねますことをご理解願います。
    レクリエーションの森の場所    (↓こちらからダウンロードして下さい。)
    PDF形式(PDF : 53KB)

     

    各森林管理署等の連絡先は森林管理署等の所在、管轄区域等一覧表(PDF : 71KB)をご覧ください。

    お問合せ先

    計画保全部保全課
    ダイヤルイン:096-328-3542
    FAX:096-353-1965

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader