ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理署等の概要 > 埼玉森林管理事務所 > 署について(概要)


ここから本文です。

署について(概要)

概要

埼玉森林管理事務所では、ときがわ町の西平地域、毛呂山町の権現堂地域、秩父市大滝の奥秩父地域、秩父市、秩父市荒川の秩父地域の荒川流域の上流部にひろがる1.2万haの国有林を管理経営しています。
国有林は、雲取山、甲武信岳等の2千メートル級の峰々が連なり、80%以上が秩父多摩甲斐国立公園に指定されています。また、東京都をはじめとする首都圏の水源として重要な役割を果たしています。
さらに、原生的な森林生態系を有し貴重な動植物が生息・生育していることから、遺伝資源保存林や植物群落保護林にも指定されるなど、貴重な自然環境が多く公益的機能の発揮が期待されています。


シラビソ、コメツガ等の貴重な針葉樹天然林が残る「秩父山地森林生物遺伝資源保存林」

森林機能の維持増進のための取組

保安林の整備

土砂の流出、崩壊の防備や水源のかん養が特に求められる森林は「保安林」に指定し、良好な森林に整備しています。
埼玉森林管理事務所が管理する国有林の99%の森林が保安林に指定されています。これらの保安林には、災害を防止するための「えん堤」を整備したり、崩壊地の植生を回復したりする「治山事業」を推進しています。

保護林の指定

国有林では、貴重な野生動植物が生息・生育する森林などを保護林に指定し、その保護・保全に努めています。
埼玉森林管理事務所の管理する国有林は、原生的かつ多様な森林植生を有し、ニホンカモシカ、ニホンツキノワグマなど多くの哺乳類のほか、ワシタカ類、フクロウ類をはじめアカショウビンなど注目に値する鳥類の生息も多いことから、森林生態系を構成する生物全般の遺伝資源の保存を目的として秩父山地森林生物遺伝資源保存林に指定しています。
また、コメツガ、シラビソ等亜高山帯の希少な高山植物、学術上価値の高い樹木群等の保存を目的として十文字峠植物群落保護林に指定しております。

生物多様の高い森林整備

埼玉森林管理事務所が管理する国有林は、貴重な野生動植物が生息・生育し、豊富な森林生態系を維持しています。
このようなことから、「森林に関する原則声明」及び「生物多様性国家戦略」等を踏まえ、持続可能な森林経営の一層の推進、野生動植物の移動経路を確保し、生息・生育地の拡大と相互交流を促すため、保護林間を連結する「秩父山地緑の回廊」を平成12年12月に設定しました。
緑の回廊においては、野生動植物の移動や生息・生育及び採餌等に良好な状態となるよう、維持・整備を適切に実施しています。


「秩父山地緑の回廊」内に設置した赤外線センサーカメラで撮影されたアンブレラ種のツキノワグマ

森林管理局の案内

リンク集