ホーム > 政策情報 > 事業概要 > 森林総合監理士の育成・民国連携推進に向けた技術者育成に向けた取組


ここから本文です。

 森林総合監理士の育成・民国連携推進に向けた技術者育成に向けた取組

農林水産省は我が国の森林・林業を再生するための指針として、平成21年12月25日に「森林・林業再生プラン」を公表しました。

この再生プランは10年間を目途に、路網の整備、森林施業の集約化及び必要な人材の育成を軸として持続的な森林経営と国産材の安定供給体制を構築し、我が国の森林・林業を早急に再生していくための指針として作成されました。

これを受けて関東森林管理局では、森林・林業の再生に向けた取組を現場レベルで確実に実行するための人材を育成する「准フォレスター研修」と路網設計者などの人材を育成する「林業専用道技術者研修」を利根沼田森林管理署(群馬県沼田市)において平成23年度から25年度まで実施してきました。

平成26年度からは、過去3年間実施してきた准フォレスター研修に替わり、将来、森林総合監理士(通称フォレスター)の候補となる若手技術者を中心に知識・技術のレベルアップを図る「技術者育成研修」と「実践研修(現地検討)がスタートしました。

また、関東森林管理局独自の取り組みとして、准フォレスター研修修了者をはじめとする技術者の更なるスキルアップ・フォローアップを目的とした、都県職員と国有林職員合同の研修も開始しました。

H23sennhappyou  H23sennyoudou  H23happyou  H23ennbou  H23group

  

平成26年度の研修実施状況(報告)NEW   

技術者育成研修(中央研修に引き続く「関東ブロック研修」を担当) H26.8.26-29

【ねらい】フォレスターの役割と活動の基礎となる市町村森林整備計画の作成や森林経営計画の認定等に必要な知識・技術を学ぶ。

   1-H26技術者  2-H26技術者  3-H26技術者  4-H26技術者  5-H26技術者  6-H26技術者

 

実践研修(現地検討)  H26.9.24-26

  地域(各ブロック)の状況に応じたテーマに基づき、現地検討及び討議等を通じて、実践的な知識・技術を学びました。

  関東ブロックのテーマ:「人工林広葉樹林化誘導技術の確立に向けて」

【ねらい】不成績となっている人工林等について、広葉樹林等へ誘導し林地保全等を図っていくために必要な天然更新に関する知識・技術をさらに向上させ、科学的知見に基づき適切な目標林型、森林施業を選択ができる技術者を目指す。

   7-H26実践  8-H26実践  9-H26実践  10-H26実践  11-H26実践  12-H26実践

 

関東森林管理局独自研修

(1) 人工林広葉樹林化誘導技術研修[2回実施]  (※上記「実践研修(現地検討)」と同内容にて実施)

《1回目》 H26.10.7-9

   13-H26人工林1回目  14-H26人工林1回目  15-H26人工林1回目  16-H26人工林1回目  17-H26人工林1回目  18-H26人工林1回目

《2回目》 H26.10.29-31

   19-H26人工林2回目  20-H26人工林2回目 

 21-H26人工林2回目  22-H26人工林2回目  23-H26人工林2回目  24-H26人工林2回目 

 

(2) 高性能林業機械作業システム研修  H26.10.15-17

【ねらい】高性能林業機械の基本操作と作業システム及び路網(森林作業道)に関する基礎的な知識を得ることにより、事業体等への効率的な作業システムの選択等をアドバイスのできる技術者を目指す。

   25-H26高性能  26-H26高性能  27-H26高性能  28-H26高性能  29-H26高性能  30-H26高性能

 

(3) 森林作業道技術指導研修  H26.11.11-13

【ねらい】高性能林業機械が活きる森林作業道の基本的な考え方を学ぶとともに、これまでの作業路を恒久的な使用に耐えうる森林作業道へと改修するためのノウハウ等を学ぶ。

   31-H26作業道  32-H26作業道  33-H26作業道  34-H26作業道  35-H26作業道  36-H26作業道

  

森林官能力向上(民国連携推進技術者)研修  H26.9.8-12

  平成26年度より利根沼田署研修室にて実施

【ねらい】森林・林業の再生に向けた先進的な取組みと、一般会計化により一層重視される民国連携や民有林支援に関わる知識・技術を学ぶ。

37-H26森林官  38-H26森林官  39-H26森林官  40-H26森林官  41-H26森林官  42-H26森林官

 

 

 

過去の研修実施状況は以下に掲載していますので、参考としてご覧ください。

↓↓↓

平成25年度の研修実施状況(報告)はこちら 

平成24年度の研修実施状況(報告)はこちら

平成23年度の研修実施状況(報告)はこちら

ページトップへ

お問い合わせ先

森林整備部
担当者:企画官(技術開発)
ダイヤルイン:027-210-1175
FAX:027-210-1177

森林管理局の案内

リンク集