ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理局の概要 > 管内各センターのご紹介 > 常呂川森林ふれあい推進センター > 「オホーツクの森」


ここから本文です。

「オホーツクの森」

「オホーツクの森」のフィールドマップ案内書を作成しました。

常呂川森林環境保全ふれあいセンターでは、1市2町(網走市、端野町、常呂町)にまたがる「オホーツクの森」で、自然環境についての理解を深めて頂くことを目的とした、「オホーツクの森の森林環境教育フィールド案内」の冊子を作成しました。

この冊子は、小学校・中学校の先生方、森林環境教育に取り組むNPO等の方々が、自然環境教育を行う場合の手助けになればとして作成したもので、カラーの写真や図面を多用するとともに、ルートの案内や森林の自然現象などの解説、また、約2kmの体験コースを設定し、「木が寒さで割れる現象」や「キツツキの食痕」など、観察ポイントも盛り込んでいます。

また、この冊子活用に当たっての支援として、国有林に不慣れな人でも「オホーツクの森」を容易に目的地に行けるように、案内板や誘導板の整備や説明箇所毎に解説版も配備することとしています。

今回作成した冊子は、網走支庁管内のすべての小・中学校や関係する団体等に配布しています。

なお、本冊子を希望される団体又は森林環境教育行いたい方には、数に限りはありますが無償で配布しますので、当センターへご連絡ください。ただし、個人での使用を目的とした配布は行っていません。

 フィールドマップ案内書の主な内容(目次から)

フィールド案内のパンフレットの写真

森林管理局の案内

リンク集