このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    北海道国有林の保護林

    「保護林」とは、大正4年に発足させた国有林独自の制度で、原生的な天然林などを保護・管理することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保護、森林施業・管理技術の発展、学術の研究等に資することを目的とする国有林野であり、時代の要請に合わせながら適切な保護・管理に努めてきました。

    平成29年度までの保護林は、(1)森林生態系保護地域、(2)森林生物遺伝資源保存林、(3)林木遺伝資源保存林、(4)植物群落保護林、(5)特定動物生息地保護林、(6)特定地理等保護林、(7)郷土の森の7区分で保護・管理してきましたが、平成27年9月に保護林制度が改正され、森林生態系や個体群の持続性に着目した分かりやすく効果的な保護林区分の導入、簡素で効率的な管理体制の再構築、森林生態系を復元する考え方の導入などが盛り込まれた「保護林設定管理要領」が制定され、(1)森林生態系保護地域、(2)生物群集保護林、(3)希少個体群保護林の3区分に再編成して保護・管理することになりました。

    北海道森林管理局が管理している国有林(307万ヘクタール)は、豊かな北海道の森林の約6割に及んでいますが、この広大な国有林の中には、北国を代表する原生的な天然林や貴重な動植物が生息・生育している森林が数多くあり、特に保護・管理が必要な森林(36万ヘクタール)を保護林として設定しています。

    これまで北海道森林管理局が保護・管理してきた知床森林生態系保護地域をはじめとする7区分224箇所の保護林は、平成28年度に設置した学識経験者等による北海道森林管理局保護林管理委員会において再編についての検討が重ねられ、平成29年度の地域管理経営計画及び国有林野施業実施計画の一斉変更(経常樹立含む)により、平成30年度からは3区分192箇所の保護林として保護・管理に努めることとなりました。

    保護林の設定状況

    マップ保護林位置図(PDF : 1,488KB)北海道


    北海道森林管理局の保護林の設定状況は下表のとおりです。

    保護林の設定状況

    保護林の種類 目的 箇所数 面積
    (ヘクタール)
      森林生態系保護地域   我が国の気候帯又は森林帯を代表する原生的な天然林を保護・管理することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保護、森林施業・管理技術の発展、学術の研究等に資する。 5   316,153  
      生物群集保護林   地域固有の生物群集を有する森林を保護・管理することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生生物の保護、遺伝資源の保護、森林施業・管理技術の発展、学術の研究等に資する。 19   31,930  
      希少個体群保護林   希少な野生生物の生育・生息に必要な森林を保護・管理することにより、当該野生生物個体群の持続性を向上させ、野生生物の保護、遺伝資源の保護、学術の研究等に資する。 168   13,739  
    合計   192   361,822  

    1.面積は平成30年4月1日有効の森林調査簿より。
    2.合計は端数処理の関係から必ずしも一致しない。

    お問合せ先

    計画保全部計画課
    ダイヤルイン:050-3160-6283

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader