このページの本文へ移動

北海道森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    これまでの取組み

    平成30年度の取組み



    平成30年5月26日(土曜日)「春採湖の会」の活動を支援

    「春採湖の会」(角田会長)は、春採湖とその周辺の保全活動に取組んでいる団体で、平成13年度からは、当会と約20の市民団体が、春採湖の南岸の森林づくりを行っています。
    最近、春採湖畔にエゾシカが現れるようになり、植栽したばかりの幼木が食害にあい、当センターへ被害対策の相談があったことから、この度の活動支援となったものです。
    当日は、会員15名程の参加があり、ヤチダモ・ミズナラ・エゾヤマザクラを植栽するとともに、ツリーシェルータを設置しました。

    説明を聞く会員の様子
    設置の様子



    平成30年5月21日(月曜日)春の学校林活動を支援

    標茶町立中茶安別小中学校の「るんるんフォレスト」(学校林)で、春の学校林活動が開催されました。
    この学校林活動は、中茶安別小中学校の「森林環境教育年間指導計画」により取組まれており、学校林等を活用して、様々な自然体験学習が実施されています。
    今回の春の活動は、昨年秋の活動で設置した実のなる木の「冬囲い」の撤去と学校林の「木について知ろう」のプログラムで、当センターは樹木観察の活動を支援しました。
    「木について知ろう」は、昨年の冬に学校林の一部が伐採され、平成31年の春に植樹が予定されていることから、児童・生徒が、その跡地に何を植栽して、どのような学校林を目指すのかを検討する、基礎学習として行われたものです。
    樹木の観察では、小学生と中学生の2班に分かれ、学校林の散策路を歩きながら、当センター職員が花の咲く木や実のなる木等の特徴を解説しました。
    最後にまとめとして、各学年の代表から、植栽したい木の発表がありましたが、来春の植樹に向けて児童・生徒の検討が進められます。

    センター職員による解説の様子
    学年代表による発表の様子
       






    以前の取組み


    平成27年度以前の取組みは、こちらをご覧ください。

    年報

    当ふれあいセンターのこれまでの取組みを年報にとりまとめています。
     
       平成29年度「年報」(平成30年4月2日発行)(PDF : 4,093KB)   NEWアイコン



    お問合せ先

    釧路湿原森林ふれあい推進センター
    〒085-0825 釧路市千歳町6番11号
    Tel:0154-44-0533 Fax:0154-41-7305

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader