ホーム > 森林管理局の案内 > 森林管理局の概要 > 管内各センターのご紹介 > 石狩地域森林ふれあい推進センター > 札幌水源の森


ここから本文です。

札幌水源の森

現在、私たちが飲料用として利用している、札幌の水道は、大半を豊平川から引いております。その豊平川の水源は、定山渓温泉の背後ある広大な国有林です。

北海道森林管理局は、この定山渓国有林を始めとした北海道の国有林を、常に良い状態に保つように、日々、管理・保全に取り組んでおります。

札幌市民にとって定山渓の森は、豊かでおいしい水を育む大切な「水源の森」です。

札幌水源の森づくり

「札幌水源の森づくり」は、札幌中心部にある公園において、札幌市と共催し、森林ボランティア団体「北方創森塾」、「平岡楡の会」等の協力により、市民の参加を得て植林用ポット苗木を作製ながら、水や森のはたらきを身近に感じていただくイベントを開催しています。


今年度の「札幌水源の森づくり2016」は創成川公園・狸二条広場で開催しました。

道具等の準備がなくても森づくりに参加できるイベントです。

札幌水源の森づくり1  札幌水源の森づくり2 

チラシはこちら(PDF:2,604KB)(別ウィンドウで開きます。)

駐輪場の詳細はこちら(PDF:174KB)

 
再生段ボールを利用した型枠「カミネッコン」を使用。「カミネッコン」についてはバイオブロック工法普及連絡協議会のホームページをご覧ください。
このイベントは、森林が豊かで良質な水を育むことで市民生活を支えていることをもっと知っていただき、水源の森を貴重な財産として世代を超えて引き継いでいくことに役立てようと実施しているものです。
作製したポット苗は、3週間程度養生した後、「北方創森塾」の会員が中心となって札幌の水道水源地である定山渓国有林へ植栽しました。

植樹風景の写真
ボランティア団体等による植栽状況

これまで植えた苗木は順調に生育しています。

札幌水源の森づくり10周年 

平成25年度に水源の森づくりは10周年を迎えました。

10年を振り返って活動の足跡をまとめましたのでご参照ください。

札幌水源の森づくり10年の取組(PDF:1,725KB)

「札幌水源の森づくり」植栽レポート

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度 

平成20年度 

平成19年度 

平成18年度 

平成17年度 

平成16年度 

お問い合わせ先

石狩地域森林ふれあい推進センター
〒064-0809 札幌市中央区南9条西23丁目1 - 10
Tel:011-533-6741 Fax:011-533-6743 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

森林管理局の案内

リンク集