このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    森林林業の再生に向けて


     

    米代東部森林管理署

    森林林業の再生に向けて

    国有林野事業は国民の財産である国有林を管理する企業体として昭和22年に発足し65年間にわたり特別会計のもとで運営してきましたが、平成25年度から一般会計のもとでの運営となり、公益的機能のさらなる発揮、地域の林業関係者とも連携して森林林業の再生に取り組んでいます。


    <大館市花岡繋沢地域における森林共同施業団地の設定について>

    国有林と民有林が連携して低コスト林業を進めるため、米代東部森林管理署と大館市は、大館市花岡沢国有林と隣接する同市花岡町字繋沢地域の大館市有林(民有林)に森林共同施業団地を設定して、効率的な森林施業の実施に取り組む。

    大館市花岡繋沢地域森林整備推進協定の概要(PDF : 411KB)(令和2年6月29日締結)


    令和2年6月29日大館市長が定例会見にて概要発言の様子

    R02.06.29_大館市長記者発表Photo1   R02.06.29_大館市長記者発表Photo2



    <大館市長木地域における森林共同施業団地の設定について>

    大館市長木地域森林整備協定の概要(PDF : 96KB)(平成24年3月16日締結)

    02a_kyoutei.jpg00_space

     

     

     

     

     

     

    平成24年3月16日調印式の様子


    02b_genchikentou.jpg












    大館市長木地域森林整備協定森林作業道現地検討会の模様 
     

    お問合せ先

    米代東部森林管理署

    ダイヤルイン:0186-50-6130
    FAX番号:0186-50-6133

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader