このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    庄内森林管理署沿革(組織変遷)

    年次 経緯
    明治22
    (1889)
    版籍奉還後、山形地方庁(県)で管理されていた官林を農商務省、宮城大林区署(鶴岡派出所)に移管、国有となる
    明治25
    (1892)
    鶴岡派出所を鳥海(M31酒田に変更)、鶴岡、湯殿(M37鶴岡に統合)の3小林区署に分散、名称変更される
    大正2
    (1913)
    宮城大林区署廃止。山形県の国有林野は秋田大林区署の管轄となる
    大正13
    (1924)
    林区署官制廃止。営林局署官制制定
    秋田営林局管内の鶴岡営林署、酒田営林署と名称変更
    大正14
    (1925)
    農商務省から農林省に改称
    昭和22
    (1947)
    林政統一。農林省の外局として林野局設置。国有林野事業特別会計
    昭和24
    (1949)
    林野局から林野庁に改称
    平成10
    (1998)
    3月31日付けで酒田営林署を鶴岡営林署に統合。旧酒田営林署の名称を鶴岡営林署酒田森林管理センターに変更
    平成11
    (1999)
    3月1日付けで秋田営林局・鶴岡営林署を東北森林管理局・庄内森林管理署に名称変更
    平成16
    (2004)
    3月31日付けで酒田森林管理センター廃止

    お問合せ先

    林野庁 東北森林管理局 庄内森林管理署
      住所:〒997-0015 山形県鶴岡市末広町23-37
      電話:[IP:050-3160-5845/一般:(0235)22-3331]
      FAX:[(0235)22-3333]
      担当者:総務グループ