このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    レクリエーションの森


    ~レクリエーションの森の利用者の皆様へ~

      台風、豪雨、積雪等による悪天候時及び悪天候が見込まれる場合には、滑落、落石、倒木、落枝、雪崩等の危険が増大しますので、入林しないようお願いします。
      また、好天時であっても、天気の急変により事故が発生するおそれがありますので、天気は常時確認 (各気象台は、こちら) されるようお願いするとともに、レクリエーションの森を楽しく安全に体験していただくために、 「レクリエーションの森安全情報及び国有林からのお願い」 を作成しました。

    1 自然観察教育林
        十二神自然観察教育林

    ※台風19号により施設に通じる「十二神林道」は現在通行できません。当施設の利用はお控え下さい。


    プロフィール


    面積:約83ha
    最高標高:約690m
    最低標高:約210m
    植生:ブナ-スズタケ群落

    特徴・見所・楽しみ方

      十二神自然観察教育林は、本州最東端の重茂半島中央部の十二神山(海抜731メートル)の東側に位置しています。
      この森は、ブナを主体とする林齢150年以上の天然広葉樹林であり、様々な樹種が混在する森林です。残念ながら平成28年の台風10号により「森の巨人たち百選」に選ばれた「重茂の大ケヤキ」は失われてしまいましたが、そのほかにも直径1メートルを越すミズナラ・トチノキ・クリ・ハリギリの巨木を見ることができます。また、コウモリ類・ニッコウムササビ・ホンシュウモモンガ等の哺乳類や、オオルリやセンダイムシクイ等の鳥類が見られます。冬季にはオオワシ・オジロワシの姿を見ることもでき、数多くの動物が生息する貴重な森林で、森林環境教育や地域住民の自然観察の場として利用されています。
      春の新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の木立が渓谷、巨岩と調和し、四季折々の天然の美観を見せ、沢沿いの森林と渓谷の探勝ができます。

    アクセス

    アクセス図東北(三北署)アクセス路程図アクセス拡大図三北署 

    ※現在通行止めとなっています林道はアスファルト舗装されていない狭い砂利道となりますので通行可能となった際は十分注意していただくようお願いします。


    パンフレット 

    十二神自然観察教育林の パンフレット(PDF : 1,400KB) を掲載しました。

    この パンフレット(PDF : 1,400KB) を皆様が散策する際の樹木図鑑などとしてご活用していただければ幸いです。

    お問合せ先

    三陸北部森林管理署

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader