このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    国民参加の森づくり

       国有林は、地域の特性に応じて、「国民の森林」として良好な状態で保全・整備する取組を実施しています。また、地元関係者やNPO・企業等との連携により、国民参加の森林づくりを進めるとともに、森林環境教育の場としての国有林野の活用に取り組んでいます。

    遊々の森

       国有林野において、継続的に体験活動が展開できる場を提供し、学校や各種団体等による森林環境教育を推進するため、協定による活動をしています。
          遊々の森はこちら

    社会貢献の森

       企業やNPO等が自らの参加や事業発注により、地球温暖化対策、災害復旧等への貢献として、森林を整備しようとする社会的責任(CSR)活動等を目的とした森林整備をするため、協定による活動をしています。
          社会貢献の森はこちら

    ボランティア植樹

       NPO、企業等の民間団体、県・地元自治体等と連携し、岩手・宮城内陸地震により荒廃した森林や東日本大震災で被災した海岸防災林の復旧整備を実施しています。 

    ボランティア植樹
          ボランティアよる植樹(栗原市 深山岳国有林)

    森林ふれあい教室

       地域住民等を対象にした森林浴・体験林業などを通じて、森林・林業等について理解を深めていただいています。
       また、教育委員会や自治体等からの要請により、森林インストラクタ-の派遣をしています。

    森林ふれあい教室
                         森林ふれあい教室(色麻町 鏡ヶ池)

    分収林

       森づくりを自ら行いたいという地域の方々と国有林が契約を結んで、森林を造成育成し、伐採時期に収益を分け合う制度です。

    法人の森
          「法人の森」で親子植樹(栗原市 永洞山国有林)

     

    地元に活用される国有林の現況 (単位:ha)

    制度

    分収造林

    分収育林

    共用林野

    貸地

    面積

    1,865

    65

    14,118

    595

    注)数値は平成31年3月31日現在である。
          端数処理の関係で数値が一致しないことがある。

    地域発案システムの取組

    地域住民等と連携した森林環境教育の推進に取り組んでいます。
    地域発案システムの取組はこちら

     

    お問合せ先

    宮城北部森林管理署

    ダイヤルイン:0229-22-2074
    FAX番号:0229-23-8624