このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    ウワバミソウ

    ウワバミソウ

    • イラクサ科ウワバミソウ属
    • 草本(多年草)
    • 分布:北海道、本州、四国、九州
    • 秋田では「ミズ」「アカミズ」と呼ばれ、茎やむかご(コブ)を食べる比較的ポピュラーな山菜。山地の暗く湿度の高い沢沿いに群生し、ヘビが出そうなところに生えるということでこの名前が付いた。4~9月に葉の付け根に緑白色の花を付ける。茎は無毛で瑞々しく、秋には茎の節が膨らみむかごができる。
    ウワバミソウ(むかご)ウワバミソウのむかご
    ウワバミソウ(食痕)癖のないミズは動物たちも食べやすいようで、よく食べられた痕が見かけられる。

    お問合せ先

    藤里森林生態系保全センター

    ダイヤルイン:0185-79-1003
    FAX番号:0185-79-1005