このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    由利森林管理署の見所

    「法体(ほったい)の滝」

    一の滝と二の滝 紅葉の時期の法体の滝


     由利森林管理署管内には、秋田県と山形県の県境にそびえる鳥海山の恩恵を受けた名所が数多くありますが、その中でも
    「日本の滝百選」にも選ばれた「法体の滝」は、秋田県の名勝及び天然記念物にも指定されており、駐車場から降りるとすぐ
    目に飛び込んでくるため、アクセスが良く観光客の憩いのスポットとなっています。
    子吉川の支流「上玉田川」にある流長約100m、落差約57mの末広がりの荘厳な姿が特徴の滝で、上流から「一の滝」
    「二の滝」「三の滝」と呼ばれ、鳥海山を源流にもつ滝の中で唯一、鳥海山に対面している珍しい滝となっており、滝から流
    れ出る水流の全ての水域が国有林となっています。
    岩盤は鳥海山から出た厚さが50m以上もある1枚の溶岩でできており、約10万年前の噴火で流れでた「法体溶岩」が上玉田
    川をせき止めて、その上から水が一気に流れ落ちています。
    「三の滝」の周りには溶岩が冷やされてできる「柱状節理」が見られ、「一の滝」「二の滝」の下には溶岩が削られてでき
    た「甌穴(ポットホール)」があり、直径30cmから2m以上のものまで存在します。
    また、2009年に公開された滝田洋二郎監督作品の「釣りキチ三平」では、クライマックスとなるシーンが撮影され、映
    画ファンを魅了しました。
    新緑から紅葉の季節まで賑わいをみせており、鳥海自然休養林の近隣でもあるため、竜ヶ原湿原、桑ノ木台湿原、獅子ヶ鼻
    湿原などとあわせたトレッキングコースを堪能してみてはいかがでしょうか。


    お問合せ先

    林野庁 東北森林管理局
    由利森林管理署
    〒 015-0885 秋田県由利本荘市水林439
    Tel:0184-22-1076
    Fax:0184-22-2274