このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    岩手南部森林管理署の見所

    下前風景林の滝(岩手県和賀郡西和賀町)

     岩手南部森林管理署の管内は、北上川を中心に西を奥羽山脈、東を北上山地に挟まれ、二百名山に名を連ねる和賀岳、焼石岳、栗駒山をはじめ多くの山々に囲まれています。冬は豪雪に閉ざされる奥羽山脈の山々は豊富な水に恵まれ、滝や渓谷などの景勝地を各地に作っています。
     当署管内西和賀町と秋田県美郷町の境界に位置する女神山の膝元にある、下前渓谷も、そのような景勝地の一つです。一帯はレクリエーションの森『下前風景林』に指定されており、新緑の春から紅葉の秋まで、大小の滝や渓谷美を楽しみながらハイキングができる森林として、また、女神山への登山口として親しまれています。

    下前風景林案内板 紅葉に囲まれた歩道

     片道三十分程度の歩道をゆくと、ブナを中心とした森の中に白糸の滝、爺滝、女神霊泉、石清水といった滝が次々と現れます。最奥の降る滝は落差40m、豊かな水量を誇ります。滝壺の側まで近づいて、見上げるほどの高さの崖から、まっすぐに落ちる滝しぶきを楽しむことができます。また、駐車場からすぐの分岐を下れば、白糸の滝とその奥の姥滝も近くで眺めることができます。
     なお、下前風景林へのアクセスには、未舗装の林道を通る必要があります。足下が悪いため、登山靴を履いて臨んでください。また、クマが出没していますので、複数人で入林し、楽しくおしゃべりするなど音を出しながらの散策をお願いします。

    白糸の滝 降る滝

    お問合せ先

    林野庁東北森林管理局 岩手南部森林管理署
    〒023-0853 
    岩手県奥州市水沢東上野町12-17
    電話:050-3160-5920
    FAX:0183-73-8768