このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    青森森林管理署の見所

    四季折々の八甲田山


      八甲田山は、青森市の南側にそびえる大岳(1,585m)を主峰とした複数の火山の総称で日本百名山の一つです。「八甲田山」と名がついた単独峰は存在せず、18の成層火山や溶岩円頂丘で構成される火山群で、八の(たくさんの)甲(たて)状の峰があることから八甲田山と名付けられたといわれています。
    また、豪雪で有名な「酸ヶ湯温泉」や明治35年に青森の歩兵第五連隊の210名中199名が遭難した事件(八甲田雪中行軍遭難事件)を基に制作された映画「八甲田山」の舞台としても知られています。。
      八甲田山には湿原が多く、イワイチョウ、モウセンゴケ、ミズバショウなど、山にはアオモリトドマツ(オオシラビソ)の林、稜線にはハイマツが茂り、6月頃にはチングルマ、ヒナザクラ、ショウジョウバカマ、イワカガミ、ワタスゲなどの多くの高山植物が見られ、中腹の上毛無岱・下毛無岱の周辺は多くの登山者で賑わいます。
      また、厳冬期のロープウェイ山頂駅付近では、多くの樹氷を間近に見られることから、国内外から多くの観光客が訪れ、その見事な造形と雄大な眺めを楽しんでいます。
      四季を通じて風光明媚な八甲田山を一度訪れてはみませんか。

       
                  大岳中腹から井戸岳、赤倉岳を望む
                    青森市萱野茶屋から眺む八甲田山
       
                              樹氷を楽しむツアー客                                 初夏の上毛無岳

    お問合せ先

    〒038-0011
    青森市篠田3丁目22-16

    農林水産省 林野庁
    東北森林管理局 青森森林管理署

    TEL 017-781-0131 FAX 017-766-3775