このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    由利森林管理署の見所

    不思議の森中島台地区

    ○山岳信仰の鳥海山
      出羽富士と呼ばれる秀麗な鳥海山は、火山活動の溶岩が重なりあって形成された2236mの単独峰です。山域は、秋田県由利本荘市、にかほ市、山形県酒田市、遊佐町と広く、酒田市飛島を含むこの地域は、2016年9月に日本ジオパークに認定され、自治体と地域住民が連携して、豊かな自然や文化を次の世代に伝えるための活動をしています。

    妖精の棲む森

    鳥海自然休養林中島台地区は、異形ブナ林の森として、隣接する獅子ヶ鼻湿原とともに人気スポットで、気軽に散策出来る木道を含むコースが5kmあり、年間3万人を超える観光客が訪れています。
    森の主「あがりこ大王」は、幹回り7.62m、樹高25m、推定樹齢300年と異形ブナとして日本一です。特徴である樹形は、100年以上前から、炭の材料として積雪の上から出た部分が繰り返し伐採され、伐り口が治癒して出来たコブと萌芽した幹となっている。「あがりこ」の呼び名は、伐り口から芽が上がることに由来します。
    また、太い幹と幹から立ち上がった枝から「燭台」(別名:ニンフ(森の妖精)の腰掛)、最近見つかった「あがりこ女王」などがあり、コブにもライオンなど名前がついています。

    湧水と鳥海マリモ

    獅子ヶ鼻湿原には、溶岩の下部から豊富な湧水があり、水温は7℃程度と年間を通してほとんど変化がなく、pH4.5の強い酸性の環境下でコケの群落を形成し、世界でも珍しいヒラウロコゴケ、ハンデルソロイゴケ、ヤマトハヤズゴケが生育しており、流水の中でボール状に発達したコケは「鳥海マリモ」と呼ばれています。
    当地区は、「日本美しの森お薦め国有林」に選定され、インバウンド需要に連携して取り組んでいます。

       
                                        あがりこ大王
                                      あがりこ女王

     
                                        鳥海マリモ

    お問合せ先

    林野庁東北森林管理局
    由利森林管理署
    〒015-0885 秋田県由利本荘市水林439
    電話(0184)-22-1076
    Fax (0184)-22-2274