このページの本文へ移動

東北森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    令和4年度(夏期)東北森林管理局インターンシップ募集のお知らせ

     東北森林管理局(秋田市中通五丁目916号)では、令和4年度夏期インターンシップを以下のとおり実施しますので、
    ご応募をお待ちしております。
     なお、今後、新型コロナウイルス感染症の状況等により中止となる場合があります。

    1 目的

     学生が、東北森林管理局の実際の行政実務に接していただくことにより、学習意欲を高め、職業意識を育むとともに、
    森林・林業及び国有林野事業に対する理解を深めてもらうことを目的としています。

    2 対象者

     大学(短期大学含む)、大学院その他の教育研修施設の学生のうち、学生が所属する大学等から推薦された学生の方を
    対象とします。

    3 受入部署・期間・内容

     実習生受入部署、期間等の詳細については、下表のとおりです。

    受入部署 受入期間 人数 実習内容 受入条件等 業務紹介

    技術普及課
    資源活用課
    森林整備課
    (秋田県秋田市中通5-9-16)

    8月29日

    9月2日
    (5日間)

    2

    森林管理局の業務体験
    ・ICT技術を活用した収穫調査業務体験
    ・森林環境教育業務体験
    ・林道の開設に係る業務体験

    ・森林・林業に関心のある方
    ・パソコンの基本操作が可能な方
    ・山歩きが可能な方
    ・作業着、雨具、地下足袋(長靴)、軍手、帽子等の現場作業のできる装備を準備すること

     東北森林管理局は、東北地方(福島県を除く5県)に所在する国有林約164万haを管轄しています。
     国有林を適切に管理するため、公益的機能の発揮を基本とし、国民参加の下に「国民の森林」づくりを進め、森林の保全管理、森林計画、治山等の業務を行っています。
     森林整備部の3課では、国有林野の造林、林道の開設・改良、分収造林及び分収育林等や持続的かつ計画的な供給のための国有林材の生産・販売やそのための調査のほか、林業技術開発と普及、民国連携の推進、自然再生、森林環境教育等に取り組んでいます。


    青森森林管理署
    (青森県青森市篠田3-22-16)

    8月29日

    9月2日
    (5日間)

    2

    森林管理署の業務体験
    ・ヒバ林復元業務体験(座学含)
    ・低コスト作業システム業務体験
    ・生産・造林請負事業現場業務体験
    ・収穫調査業務体験
    ・林道工事・治山工事の監督業務体験
    ・眺望山自然休養林の巡視業務体験

    ・森林・林業に関心のある方
    ・パソコンの基本操作が可能な方
    ・山歩きが可能な方
    ・作業着、雨具、地下足袋(長靴)、軍手、帽子等の現場作業のできる装備を準備すること

     青森署は、青森県の北西部に位置し、青森市をはじめとする1市3町1村に所在する国有林約6万8千haを管理しています。
     多様な森林への誘導を推進し、かつてヒバ林が成立していた地域において、主に天然力を活用してスギ等の人工林からヒバ林へ誘導する取り組みを行うとともに、低コスト作業システムの普及・定着に向けて、国有林が率先して、コンテナ苗を活用した一環作業システムや、列状間伐による効率的な作業システムに取り組んでいます。
     また、野外活動、自然観察などに適した森林を「レクリエーションの森」に設定し、広く国民が自然に親しむ憩いの場として利用できるよう取り組んでいます。


    盛岡森林管理署
    (岩手県盛岡市北山2-2-40)

    8月22日

    8月26日
    (5日間)

    2

    森林管理署の業務体験
    ・森林整備、製品生産、販売に関する業務体験
    ・造林事業実行箇所の検査、確認業務体験
    ・治山事業及び林道事業に関する業務体験
    ・森林調査、集計業務体験
    貸付地の管理業務体験


    ・森林・林業に関心のある方
    ・パソコンの基本操作が可能な方
    ・山歩きが可能な方
    ・作業着、雨具、地下足袋(長靴)、軍手、帽子等の現場作業のできる装備を準備すること

     盛岡署は、岩手県の中央部に位置し、盛岡市をはじめとする2市4町に所在する国有林約6万2千haを管理しています。
     岩手山から秋田県境の山岳部はブナ林を主体とする天然林が多く、その下方にはスギ・カラマツ・アカマツ等の人工林が広がっています。
     林業の成長産業化や地球温暖化防止の取組として、木質バイオマス発電向けを含め、人工林の主伐・間伐等の森林整備により地域が必要とする木材の安定供給に努めています。
     岩手県知事の要請をうけ雫石町において直轄地すべり防止事業も継続的に実施しています。

    宮城北部森林管理署
    (宮城県大崎市古川東町5-32)

    9月5日

    9月9日
    (5日間)

    2

    森林管理署の業務体験
    ・国有林野の森林整備、製品生産、販売に関する業務体験
    ・治山事業及び林道事業に関する業務体験
    ・ニホンジカ被害対策業務体験等

    ・森林・林業に関心のある方
    ・パソコンの基本操作が可能な方
    ・山歩きが可能な方
    ・作業着、雨具、地下足袋(長靴)、軍手、帽子等の現場作業のできる装備を準備すること

     宮城北部署は、宮城県のほぼ中央から北部に位置し、宮城県大崎市をはじめとする6市5町にまたがる国有林約7万haを管理しています。
     管内の人工林については、計画的な伐採、保育作業等を行う森林整備事業やイヌワシの生息環境の再生を図る「森林整備推進協定」を締結し民国連携した森林整備も行っています。
     また、治山事業においては、平成20年に発生した「岩手・宮城内陸地震」、平成23年発生の「東日本大震災」からの復旧事業を実施するなか、地域住民の暮らしを山地災害等から守るための工事等を実施しています。
     さらに、ニホンジカや松くい虫等防除対策に向け民有林・国有林が連携し地域のみなさまと協力して取り組んでいます。


    由利森林管理署
    (秋田県由利本荘市水林439)

    8月29月

    9月2日
    (5日間)

    2

    森林管理署の業務体験
    ・森林の育成整備、木材の生産、販売に関する業務体験
    ・病害虫被害調査
    ・レク森保全管理
    治山工事箇所現場体験等


    ・森林・林業に関心のある方
    ・パソコンの基本操作が可能な方
    ・山歩きが可能な方
    ・作業着、雨具、地下足袋(長靴)、軍手、帽子等の現場作業のできる装備を準備すること

     由利署は、秋田県の沿岸南部に位置し、由利本荘市、にかほ市の国有林約2万3千haを管理しています。
     国有林内には、国定公園に指定されている鳥海山をはじめ丁岳、鬼倉山、八塩山など様々な山を擁しています。
     鳥海山北西山麓一帯は、「鳥海自然休養林」に指定され「鳥海山生物群落保護林」「異形のブナ巨木:あがりこ大王」などがあり多くの人々が訪れています。


    山形森林管理署
    最上支署
    (山形県最上郡真室川町大字新町字下荒川200-11)

    9月12日

    9月16日
    (5日間)

    2

    森林管理署の業務体験
    ・森林の育成整備、木材の生産、販売に関する業務体験
    ・森林の立木調査に関する業務
    ・治山事業に関する業務体験
    ・土木事業(林業専用道)に関する業務体験
    ・ドローンを活用した森林状況把握等の業務体験


    ・森林・林業に関心のある方
    ・パソコンの基本操作が可能な方
    ・山歩きが可能な方
    ・作業着、雨具、地下足袋(長靴)、軍手、帽子等の現場作業のできる装備を準備すること

     最上支署は、山形県の北東部に位置し、新庄市をはじめとする1市4町3村に所在する国有林約10万7千haを管轄しています。
     管内人工林の生産・販売を行っており、その伐採・搬出や保育作業等の計画的な森林整備を行っています。
     山形県最上郡大蔵村に位置する銅山川地区では、山形県の要請を受け、平成4年から民有林直轄地すべり防止事業を実施しています。

    4 募集方法等

     応募については、各大学、大学院その他の教育研修施設から学生を推薦していただきます。
    (学生個人からの応募は受け付けいたしません。)

    1)学生の方

         令和4年度東北森林管理局インターンシップ調書に必要事項を記入し、大学等の窓口に提出してください。
      (下記の締切は大学等が東北森林管理局に応募する締切であり、学生が大学等へ提出する締切とは異なりますので
       ご注意ください。)

           令和4年度東北森林管理局インターンシップ調書(様式)PDF版(PDF : 164KB)  Word版(WORD : 24KB)

    2)大学等の担当者の方

           学生の応募を取りまとめ、農林水産省就業体験実習推薦申込書を作成し、学生が作成した令和4年度東北森林管理局
      インタ-ンシップ調書と併せて、下記の東北森林管理局担当まで郵送してください。

            農林水産省就業体験実習推薦申込書(様式)PDF版(PDF : 96KB)  Word版(WORD : 18KB)

     

       ※ 締切   令和4年7月29日(金曜日)(消印有効)

     

    5 実習生の決定

    受け入れの可否を各大学等宛てに連絡します。

    6 東北森林管理局インターンシップ制度の概要

    1)東北森林管理局は、実習生個人ごとに指導員を置き、実習生の指導及び助言に当たらせます。

    2)実習生は、指導員の助言の下に受入部署における補助的な行政事務に従事していただきます。

    3)実習生は、実習開始前に服務規律の遵守にかかる誓約をしていただきます。

    4)実習時間は、午前8時30分から午後5時15分までとし、このうち午後0時から午後1時までは休憩時間となります。

    (5)実習生は、東北森林管理局における実習活動中に知り得た情報の開示については、指導員の指示に従っていただき
         ます。

    (6)実習生は、実習の成果を論文等により外部へ発表する場合には、事前に東北森林管理局長の承認を受けください。

    (7)実習生は、実習期間終了の後、実習内容に関する報告書(1,000字程度)を作成し、東北森林管理局に提出してい
         ただきます。

    (8)東北森林管理局は、実習中、実習生に対し、通勤費、手当、食費及び旅費を支給しません。

    (9)大学等は、実習生に「学生教育研究災害傷害保険」及び「インターンシップ等賠償責任保険」等の保険に加入させ、
         実習中における関係他者(東北森林管理局、人物、財物等)に対する損害、損傷等により被る法律上の損害賠償を補
         償することとなります。

      その他、詳しくは、農林水産省就業体験実習実施要領及び東北森林管理局における農林水産省就業体験実習生の募集、
    についてをご覧ください。

         農林水産省就業体験実習実施要領(PDF : 2,277KB)

         東北森林管理局における農林水産省就業体験実習生の募集、決定等について(PDF : 1,697KB)

    7 応募・問い合わせ先

    東北森林管理局 総務企画部 総務課

    担当者:課長補佐(正木)

    住所〒010-8550 秋田市中通五丁目916

    電話018-836-2011(直通)

    FAX018-889-1356

        E-mail:t_soumu@maff.go.jp 

    8 関係リンク(東北森林管理局以外の実施機関)

    農林水産省、地方農政局、他の森林管理局においてもインターンシップを実施しております。応募、問い合わせ等は
    各機関の窓口へお願いします。

     

    農林水産省本省

    地方農政局(東北・関東・北陸・東海・近畿・中国四国・九州)

    〇森林管理局(北海道東北関東中部近畿中国四国九州

    お問合せ先

    東北森林管理局
    総務課

     代表:018-836-2014
     
    FAX番号:018-889-1356

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader